デジスタ公開収録を東京藝大・上野で開催 観覧者を募集中 | アニメ!アニメ!

デジスタ公開収録を東京藝大・上野で開催 観覧者を募集中

ニュース

 NHK BSで放送中のクリエイター発掘番組「デジタル・スタジアム」は、新年度第1弾の公開収録を上野の東京藝術大学で開催する。キュレーターとして登場するのは同大学出身の村田朋泰氏である。
 村田氏はデジスタにキュレーターとして初登場となる。村田氏は学部・大学院と共に東京藝大で、大学院の卒業制作『朱の路』が、2002年の第9回広島国際アニメーションフェスティバルで優秀賞を受賞した。一方、その『朱の路』が音楽プロデューサー・小林武史氏の目に留まり、同じく2002年にMr.ChildrenのPV『HERO』を制作したことで知られる。

 収録は4月28日に行われる。応募はデジタル・スタジアムの公式サイトからで、締め切りは27日正午となっている。

         murata.jpg

 村田氏は先月の東京国際アニメフェア2009にもブース出展していた。村田氏のブース出展は今回が初である。
 ブースでは、これまで制作した人形や2Dのアニメーション作品の展示を行っていた。このほか最近では、2006年に目黒区美術館で「村田朋泰展 俺の路・東京モンタージュ」、昨年は平塚市美術館で「村田朋泰展 夢がしゃがんでいる」と個展も開催している。

 また、アニメフェアでは宮城・仙台アニメーショングランプリの受賞作品発表も行われた。子供向け教育アニメーション/学生部門で人形アニメーションの『おりがみのまほう』が優秀賞を受賞した。この作品は大学の卒業制作である。
 作者の佐藤南氏は、高校時代に村田氏が制作したMr.ChildrenのPV『HERO』に感銘を受けてアニメーション制作を志したという。
【真狩祐志】

デジタル・スタジアム /http://www.nhk.or.jp/digista/
TOMOYASU MURATA COMPANY. /http://www.tomoyasu.net/

当サイトの関連記事
/デジスタ・アウォード2008 映像部門は「パンク直し」に決定
/宮城・仙台アニメーショングランプリ 受賞作品発表
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集