「ダンメモ×ゴブスレ」コラボ誕生秘話、原作者・大森藤ノ&蝸牛くも「良い意味で殴り合ってつくった」【インタビュー】 | アニメ!アニメ!

「ダンメモ×ゴブスレ」コラボ誕生秘話、原作者・大森藤ノ&蝸牛くも「良い意味で殴り合ってつくった」【インタビュー】

スマートフォン向けRPG『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか~メモリア・フレーゼ~』と『ゴブリンスレイヤー』とのコラボイベントが1月31(金) から開催される。本コラボでは共同でシナリオ執筆を行った大森藤ノ先生と蝸牛くも先生にお話を伺った

インタビュー
(C)蝸牛くも・SBクリエイティブ/ゴブリンスレイヤーGC製作委員会 (C)大森藤ノ・SBクリエイティブ/ダンまち2製作委員会 (C) WFS
  • (C)蝸牛くも・SBクリエイティブ/ゴブリンスレイヤーGC製作委員会 (C)大森藤ノ・SBクリエイティブ/ダンまち2製作委員会 (C) WFS
  • (C)蝸牛くも・SBクリエイティブ/ゴブリンスレイヤーGC製作委員会 (C)大森藤ノ・SBクリエイティブ/ダンまち2製作委員会 (C) WFS
  • (C)蝸牛くも・SBクリエイティブ/ゴブリンスレイヤーGC製作委員会 (C)大森藤ノ・SBクリエイティブ/ダンまち2製作委員会 (C) WFS
  • (C)蝸牛くも・SBクリエイティブ/ゴブリンスレイヤーGC製作委員会 (C)大森藤ノ・SBクリエイティブ/ダンまち2製作委員会 (C) WFS
  • (C)蝸牛くも・SBクリエイティブ/ゴブリンスレイヤーGC製作委員会 (C)大森藤ノ・SBクリエイティブ/ダンまち2製作委員会 (C) WFS
  • (C)蝸牛くも・SBクリエイティブ/ゴブリンスレイヤーGC製作委員会 (C)大森藤ノ・SBクリエイティブ/ダンまち2製作委員会 (C) WFS
ライトノベルダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか(ダンまち)』を原作とするスマートフォン向けRPG『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか~メモリア・フレーゼ~(ダンメモ)』内において、劇場版の公開を控える『ゴブリンスレイヤー(ゴブスレ)』とのコラボイベントが、1月31(金) 11時00分から2月27(木) 14時59分にかけて開催される。

これまでも『キノの旅』や『進撃の巨人』、『デート・ア・ライブ』など多彩な作品とのコラボイベントを展開してきた『ダンメモ』だが、今回は原作『ダンまち』と同じレーベルであるGA文庫の人気タイトル同士の顔合わせだ。
シナリオ執筆は大森藤ノ先生と蝸牛くも先生が共同で行い、それぞれの作品のキャラクターたちの個性を存分に活かした物語となっている。

ファン期待の本コラボがいかにして実現し、どのような点にこだわったのかを両先生にお話いただいたものを前後編に分けてお届けする。
前編ではコラボの経緯やコラボシナリオのこだわりポイント、作家として互いにリスペクトしている点を中心に語ってもらった。
[取材・文=杉本穂高]

■満を持してGA文庫同士のコラボが実現した経緯


――おふたりはもともと親交があるようですが、どのように知り合ったのですか?

蝸牛:『ゴブスレ』2巻が刊行された直後のGA文庫大賞授賞式で初めて大森先生とお会いしました。その後、ちょくちょくご飯を食べに行ったりボドゲで遊んだり、仲良くしてもらってます。

大森:GA文庫さんの作家さん同士でよく飲みに行ったりしているんですが、くも先生も例に漏れずという感じですね。

――お互いの作品についてはどんな印象でしたか?

大森:『ゴブスレ』は1巻を読んだ時、「すごく面白い! すごい小説が出てきた!」と衝撃を受けました。作家はゲンキンなもので、こんな面白い本を書く人にはぜひお会いしたいと思うもので。
くもさんは授賞式の時からモテモテでしたよね。

蝸牛:いえいえ。あの時はすごく緊張していて。挨拶して回るのはまだしも、される側は慣れてないですし(笑)。

――大森先生は『ゴブスレ』のどの点に衝撃を受けましたか。

大森:未読の方は試し読みできる部分をぜひ読んでいただきたいのですが、1巻の構成が素晴らしくて、冒頭から衝撃でした。ゴブリンスレイヤーのような孤高のスペシャリストが最後は仲間の力を借りて、笑顔になるという展開が刺さりましたね。

それにゴブスレさんには破天荒で泥臭い魅力があります。彼は自分を冒険者じゃないと言いますけど、彼の冒険を最後まで見届けたいという気にさせてくれるんです。

蝸牛:大森先生に面と向かって褒められると、恥ずかしくなってきますね(笑)。読者だった頃から知ってるプロの先生、先輩作家さんですし。

大森:モブキャラの末路を見ると「くもさんは鬼か!」って思いますけど(笑)。

蝸牛:あれでも割とセーブしている方なんですけどね(笑)。

――一方、蝸牛先生は『ダンまち』を読まれていかがでしたか?

蝸牛:お会いする度にリリルカさんを推しています(笑)。『ダンまち』はわりとハードな世界なんですが、変にひねくれていない真っ直ぐな冒険譚なのが好きです。ベルくんも良い子ですし。
自分は、ステータスやレベル、スキルが存在するなら何か説明が欲しいのですが、『ダンまち』の場合、それは神様から与えられたギフトという設定が秀逸。しっかりファンタジーしているなと思います。

大森:逆に自分は『ゴブスレ』の方が『ダンまち』よりファンタジーとして深いと思っています。ゴブリンスレイヤーのバックパックの中身までディテールをつくり込んでいて、そういう描写はメモして参考にしているぐらいです。

蝸牛:TRPGをやっているとよくエライ目に遭うんです。ダンジョンで罠にかかって荒野に飛ばされて、ゲームマスターがニヤニヤしながら「君たちは水と食料をどれくらい持っているかな」と(笑)。あの時はそれで一週間ぐらいサバイバルしました。
『ゴブスレ』でアイテム描写にこだわっているのは、TRPGファンならではの性分かもしれません。TRPGに限りませんが、持っていない道具や技能が、都合よくパッと出てくる事はあまり無いので。

――今回のコラボはどんな経緯で実現したのでしょうか。

蝸牛:大森先生にご飯食べに行こうと呼び出されてホイホイ行ったら「コラボやりません?」と誘われたところから始まりました(笑)。

大森:『ダンメモ』はこれまで『キノの旅』『デート・ア・ライブ』『進撃の巨人』とコラボイベントをやらせていただいていますが、『ダンまち』と同じGA文庫作品ともコラボやりたいね、とゲームの運営サイドとも話していたんです。
それで、『ゴブスレ』劇場版が公開されるタイミングならちょうどいいのでは、という話になって。

毎回コラボをやるときと同様に、自分からくもさんを誘ったんですが、そこからは話が早かったです。
これまでコラボ作品は他社さんだけでしたが、同じGA文庫さんで“身内”みたいなものですから。編集者さんたちもこちらから伝える前にすでに知っているという状況でした(笑)。

蝸牛:公式に企画が通る前からプロットの話をしていましたからね(笑)。

■今回のシナリオは「良い意味で殴り合ってつくった」


――大森先生から蝸牛先生にお声がけした段階で、物語の具体的なビジョンはあったのですか。

大森:これまでのコラボはダンジョンよりもオラリオの街をフィーチャーしたものが多かったので、『ゴブスレ』とやるなら世界観も近いし「ダンジョンを舞台にしたい」と思っていました。くもさんも「やっぱそうだよね」とノッてくれて。

蝸牛:『ゴブスレ』も他作品とのコラボはこれまでにもやっていますが、概ねゴブスレさんたちが異世界に行ってゴブリンを倒して帰ってくるというシンプルなお話が多かった。今回シナリオから関われるなら、相互のキャラを絡めて、がっつり冒険させてあげたいと思っていました。

――事前にシナリオを拝読させてもらったのですが、お互いの作品の世界観が上手く噛み合ったストーリーでした。

大森:良い意味で「殴り合ってつくったシナリオ」だったんです。スケジュールが厳しい中、けっこう何度もやり取りしましたよね。

蝸牛:2人とも勝手に“デスマーチ”してました(笑)。

――具体的にどんな流れでシナリオ制作を進めたのでしょう?

大森:まずは2、3度、2人で話し合って方向性を決め、ある程度固まった段階で自分がプロットを切らせてもらいました。
それを一度『ダンメモ』のシナリオライターさんにお渡しして、20話のシナリオにしてもらい、そこから自分のほうでキャラの台詞を肉付けし、設定も膨らませて。そこからくもさんに投げてブラッシュアップしてもらうという流れで3往復ぐらいしています。先ほど20話と言いましたが、最終的には確か28話くらいまで膨らんでしまいました。

『ゴブスレ』側の描写に関しては、自分は最低限のことしか書いていなくて、くもさんに料理していただきました。

蝸牛:『ダンまち』のキャラクターを書くのが世界で一番上手いのは大森先生に決まっているので、面白い面白い言って楽しませて頂いて。それで言ったら『ゴブスレ』のキャラクターなら自分はそこそこ上手く書けるかなと(笑)。

あと、『ダンまち』と『ゴブスレ』双方の世界観のギャップはもうちょっと強調していいかなと思ったので、手を加えさせてもらいました。

――プロット段階で、「これは絶対に見せたい」というポイントはありましたか。

大森:自分が意識していたのは、くも先生という作家の魅力、『ゴブリンスレイヤー』の原作小説でしか味わえないTRPG的な世界の面白さを、ゲームという媒体を通して伝えたいということでした。

蝸牛:『カオスフレア』という異文化交流のTRPGが好きなので、お互いの世界のギャップにより生じるコミュニケーションとその面白さをしっかり見せたいと思っていました。
世界観も一見似ているようで、けっこう違うんですよ。たとえば『ダンまち』にはステータスがあるけど『ゴブスレ』にはない。あと同じRPGでも、『ダンまち』はデジタルなRPGの影響が強い世界観なのに対し、『ゴブスレ』はアナログなTRPGですし。

大森:両作品の差異が上手く出ているのはくもさんのおかげです。自分はシナリオ監修をずっとやってきたせいか、会話劇の面白さを追求しがちで、細かい差異を拾えなかったんです。そこをくもさんが上手くやってくれたんです。

蝸牛:これは自分のシナリオの作り方もあって、キャラクターをシナリオに放り込んで好きに動いてもらう、TRPGのような感覚で書いてるんです。TRPGは本筋のストーリーの他、キャラクター同士の掛け合いも魅力ですから、それが大森先生のプロットにそれが上手くハマりましたね。

大森:自分はいつも、見せたいシーンありきで着地点をつくり、そこから逆算して書いています。
今回のコラボでは、ベルとゴブリンスレイヤーがしんみりと英雄について語り合う情景が浮かんできて、そこから大まかなポイントを作っていきました。
ただ、今回の舞台は『ゴブスレ』8巻と『鍔鳴の太刀』に関わる話だったんですけど、ちょっと忙しすぎて原作8巻まで手をつけられず……。そこの舞台設定に自分は一切触れることができなかったんです。コラボして頂いている側として本当に申し訳ないです。

蝸牛:そしてまだ『鍔鳴の太刀』は書いてる途中なんですよね……(笑)

大森:だから「ごめん、くもさん、あとのディテールはどうか……!」みたいな感じで投げてしまったんですが(笑)、すごく面白いものを詰め込んで頂いたので拝んでも拝みきれません。

――今回のお話は、『ダンまち』の明るい世界観に対し、『ゴブスレ』の死が隣り合わせな緊張感が入り込んできて、そのギャップが印象的でした。

大森:ありがとうございます。

蝸牛:『ゴブスレ』はこれくらいわりと普通では? くらいの感覚なんですが(笑)。『ダンまち』も明るい雰囲気ですが、わりと殺伐としていますよね。キャラクターもけっこう死にますし。

大森:巻数が進むとだんだん暗くなりがちですよね。

蝸牛:自分は「人は基本的に死ぬ、だからと言って暗くなる必要もない」ぐらいのノリで書いています。その辺りは『ダンまち』も変わらないんじゃないでしょうか。


→次のページ:コラボで避けたいこと「説教はしたくない」
《杉本穂高》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集