「かぐや様」なぜ、“ラブソングの王様”鈴木雅之が主題歌!? アニプレックス・石川プロデューサーに聞いてみた | アニメ!アニメ!

「かぐや様」なぜ、“ラブソングの王様”鈴木雅之が主題歌!? アニプレックス・石川プロデューサーに聞いてみた

“ラヴソングの王様”こと鈴木雅之さんが、『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』で初めてアニメ主題歌を担当しています。「なぜ、鈴木雅之さん!?」その起用理由をアニプレックス・石川プロデューサーに聞いてみました。

インタビュー
「ラブ・ドラマティック feat. 伊原六花」
  • 「ラブ・ドラマティック feat. 伊原六花」
  • 「Funky Flag」
  • 『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』(C)赤坂アカ/集英社・かぐや様は告らせたい製作委員会
  • 『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』(C)赤坂アカ/集英社・かぐや様は告らせたい製作委員会
  • 『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』(C)赤坂アカ/集英社・かぐや様は告らせたい製作委員会
アニメ主題歌が音楽ランキング上位に輝くことは珍しくなくなり、TVや有線などを通して日常的にアニソンに触れる機会が増えてきた近年。
2019年冬クールも、様々な楽曲が生まれました。
その中でも特に話題を呼んだのは、『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』オープニング主題歌であり、“ラヴソングの王様”こと鈴木雅之さんが初めて歌ったアニメソング「ラブ・ドラマティック feat. 伊原六花」でしょう。


■『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』とは?
原作は、集英社「週刊ヤングジャンプ」にて連載中の同名作品。コミックス発行部数累計は電子版含め500万部を突破しており、今、 日本の全“週刊マンガ誌”に連載中のラブコメの売り上げ頂点に立つ作品である。
舞台は、エリートたちが集う名門校・秀知院学園の生徒会。副会長・四宮かぐやと会長・白銀御行は両想いであるものの、互いにプライドが高すぎて告白することができない。そんな2人が権謀術数の限りを尽くし、「相手から告白させよう」と“恋愛頭脳戦”を繰り広げる様子を描く。

鈴木雅之が歌うオープニング主題歌「ラブ・ドラマティック feat. 伊原六花」は、数多くのヒット曲を手掛けてきた本間昭光が楽曲プロデュース、「いきものがかり」リーダーの水野良樹が作詞・作曲、“バブリーダンス”で注目を集めた「大阪府立登美丘高等学校ダンス部」元キャプテンの伊原六花がゲストボーカルとして参加。錚々たる顔ぶれでリリース前から話題を呼んだ。

『かぐや様』面白いですよね。
ぼくも原作から読んでいて、「いつかアニメ化もされるんだろうな」と思っていました。
しかし、鈴木雅之さんが主題歌を担当するとはまったくの予想外。

「なぜ、鈴木雅之さん!?」
同じことを思っているアニメファンは大勢いると思います。
なので、『かぐや様』のTVアニメを手掛けるアニプレックス 石川達也プロデューサーにその起用理由を聞いてみました。
《小野瀬太一朗》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集