バンドリ発「ARGONAVIS」アニメ化! 錦織博監督&キャスト陣が語る注目ポイントは?【レポート】 | アニメ!アニメ!

バンドリ発「ARGONAVIS」アニメ化! 錦織博監督&キャスト陣が語る注目ポイントは?【レポート】

11月5日、ARGONAVIS from BanG Dream!プロジェクト発表会が都内で行われ、2020年春にアニメ化、同年後半にアプリゲーム化されることが明らかになった。伊藤昌弘、小笠原仁、ランズベリー・アーサーらキャスト陣が登場し、新しい展開への展望を語った。

イベント・レポート
「ARGONAVIS from BanG Dream!」プロジェクト発表会の模様
  • 「ARGONAVIS from BanG Dream!」プロジェクト発表会の模様
  • アプリゲーム「アルゴナビス from BanG Dream! AAside」(C)ARGONAVIS project. (C)DeNA Co., Ltd. All rights reserved. (C)bushiroad All Rights Reserved.
  • 「ARGONAVIS from BanG Dream!」新バンド「GYROAXIA」(C)ARGONAVIS project. (C)DeNA Co., Ltd. All rights reserved. (C)bushiroad All Rights Reserved.
  • 「ARGONAVIS from BanG Dream!」Argonavis(C)ARGONAVIS project. (C)DeNA Co., Ltd. All rights reserved. (C)bushiroad All Rights Reserved.
  • 「ARGONAVIS from BanG Dream!」新バンド「Fantome Iris」(C)ARGONAVIS project. (C)DeNA Co., Ltd. All rights reserved. (C)bushiroad All Rights Reserved.
  • TVアニメ『アルゴナビス from BanG Dream!』(C)ARGONAVIS project. (C)DeNA Co., Ltd. All rights reserved. (C)bushiroad All Rights Reserved.
  • 「ARGONAVIS from BanG Dream!」プロジェクト発表会の模様
  • 「ARGONAVIS from BanG Dream!」プロジェクト発表会の模様
11月5日、「ARGONAVIS from BanG Dream!」プロジェクト発表会が都内で行われ、2020年春にアニメ化、同年後半にアプリゲーム化されることが明らかとなった。
Argonavisとして活躍する伊藤昌弘、日向大輔、前田誠二、森嶋秀太、橋本祥平のほか、新たに発表されたバンドのボーカルを務める小笠原 仁、ランズベリー・アーサーらが登場し、新しい展開への展望を語った。

北海道・函館を舞台に、大学生によるボーイズバンド・Argonavis(アルゴナビス)の活動の軌跡を描く「ARGONAVIS from BanG Dream!」。これまで声優自身によるライブなど精力的に行ってきたが、満を持してアニメ化される。

七星 蓮役の伊藤は「昨年から活動が始まり、ついにアニメ化。この五人で発表できたこと、いつも応援してくださった皆さんにご報告できてうれしい」と感無量の表情。


伊藤昌弘【画像クリックでフォトギャラリーへ】
五稜結人を演じる日向は「まさかこんなに早くアニメ化するとは驚きましたが、素敵な作品を作っていけたら」と力を込めた。

日向大輔【画像クリックでフォトギャラリーへ】
的場航海役の前田は「改めて(特報の)PVを見て、ワクワクする気持ちでいっぱい。彼らのこれからの物語を一緒に見届けていただけたら」と語りかけ、続く桔梗凛生役の森嶋も「役者陣一同、全力で頑張っていくので放送を期待してください」と声を弾ませた。


前田誠二【画像クリックでフォトギャラリーへ】
白石万浬を演じる橋本は「ここからさらに舟を進められるような大きいバンドにしたい。きっと最高の作品をお届けできると思います」と目を輝かせた。

橋本祥平【画像クリックでフォトギャラリーへ】
アニメからは新しいバンド「GYROAXIA(ジャイロアクシア)」が登場する。
小笠原は自身が演じる旭 那由多について、緊張のあまり役名を噛んでしまうハプニングがありつつも「孤高の天才ボーカリスト。実力主義なので一見冷酷に思えますが、すべては上を目指すためという熱さがカッコいい。バンド内だと身長が高くないところにも勝手に萌えています(笑)」と熱弁した。


小笠原 仁【画像クリックでフォトギャラリーへ】
アニメーション制作を手掛けるサンジゲンの松浦裕暁代表取締役によると、ライブシーンでは役者の動きを測定するモーションキャプチャも導入。
男性バンドならではの“カッコよさ”を追求したライブシーンが見どころとなっているという。

シリーズ構成・脚本を担当する毛利亘宏は、アニメ作品を手掛けるのは本作が初めて。
「五人が夢を追ってバンドをやるストーリーですが、生半可な気持ちでは上に行けない。夢に向かうためのつらい試練をいっぱい書きました」と、スタッフ陣による白熱した脚本打ち合わせが繰り広げられていた舞台裏も明かした。
錦織 博監督は「キャラクターの雰囲気やアプローチがどんどん変わり、短い間に成長が見れる。どこまで大きくなるのか楽しみ」と期待を寄せた。

ArgonavisとGYROAXIA両バンドの楽曲が収録された、ARGONAVIS 3rd CDのリリースも決定。
伊藤は「5人で歌うパートもあり、全員で練習するとたまに誰かが間違えることも(笑)。Argonavisにとって羅針盤のような曲」、小笠原は「まさに“ラウドロックとはこれ!”という、タイトル通りGYROAXIAにとって“宣言”となる一曲」とそれぞれの楽曲について語った。

さらに2020年4月にライブ開催が決定したことが報告されると、壇上のキャスト陣たちも初耳だったようで、目を丸くして驚きをあらわにした。

2020年後半に配信が決定したアプリゲーム『アルゴナビス from BanG Dream! AAside』では、アニメ最終回後の世界が描かれる。
Argonavisが上京し、日本全国のアマチュアバンドの頂点を決める「ライブ・ロワイヤル・フェス」に参戦するストーリーで、キャラクターたちの日常やリズムゲームを楽しめる。

ゲームでは新たに、全員が社会人で構成されている名古屋出身のヴィジュアル系バンド「Fantome Iris(ファントムイリス)」が登場。


ボーカルのフェリクス・ルイ=クロード・モンドールを演じるランズベリー・アーサーが「フェリクスはすべてのヴァンパイアを統べる王という設定。ファンを眷族と呼び、『君も我が眷族にならないか』と囁きます」と解説すると、独特な世界観に他のキャストたちも大盛り上がり。リリースを待ちきれない様子だった。

発表会はYouTubeなどで生配信され、ファンとともにリアルタイムで喜びを分かち合った。
このほか、ゲームの開発画面や3バンドのPVなどが公開され、キャスト一同が食い入るようにモニターを覗き込む場面も。
伊藤は「最初のライブハウスからここまで(Argonavisの)5人にも変化があった。新しい2バンドの色もはっきりとしていて、アニメやアプリが楽しみ」と笑顔を見せた。

《潮田茗》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集