「はねバド!」音響監督・若林和弘氏がアニメの“音響”を語る デジハリ大にて公開講座開催 | アニメ!アニメ!

「はねバド!」音響監督・若林和弘氏がアニメの“音響”を語る デジハリ大にて公開講座開催

『はねバド!』や『七つの大罪』で音響監督を務めた若林和弘氏が10月4日、デジタルハリウッド大学・駿河台キャンパスにて公開講座を受け持つことがわかった。当日は若林氏が手掛けた作品のメイキングを交えながら、アニメーションにおける“音響”についての講義が行われる。

ニュース
TVアニメ『はねバド!』ティザービジュアル (C)2018濱田浩輔・講談社「はねバド!」製作委員会
  • TVアニメ『はねバド!』ティザービジュアル (C)2018濱田浩輔・講談社「はねバド!」製作委員会
  • 若林和弘氏(音響監督)
  • モデレーター 高橋光輝氏(デジタルハリウッド大学教授)
『はねバド!』や『七つの大罪』で音響監督を務めた若林和弘氏が10月4日、デジタルハリウッド大学・駿河台キャンパスにて公開講座を受け持つことがわかった。当日は若林氏が手掛けた作品のメイキングを交えながら、アニメーションにおける“音響”についての講義が行われる。

若林氏は1964年12月20日、東京都生まれ。1987年、オムニバスプロモーションに録音ディレクターとして入社し、『ヨーヨーの猫つまみ』でアニメ音響監督としてのキャリアをスタートさせた。
その後は『攻殻機動隊』などの押井守監督作品や、『もののけ姫』をはじめとするスタジオジブリ作品にも多数参加。2018年は『文豪ストレイドッグス DEAD APPLE』『さよならの朝に約束の花をかざろう』『劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人』『はいからさんが通る 後編~花の東京大ロマン~』『ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』といった劇場公開タイトルにも名を連ねている。

音響監督とはアニメーションにおいて、声優の声や音楽、効果音など、音のすべてを演出する“アニメに命を吹き込む”仕事だ。このたびの公開講座は、若林氏が手掛けた作品のメイキングを交えながら、アニメーションにおける“音響”についての話を聞くものとなる。

特別講座「『はねバド!』『七つの大罪』 アニメに命を吹き込む音響監督、若林和弘の仕事」は参加費無料で、定員は先着申し込み順の70名。学外からも一般参加できる。
詳細および参加申し込みは特別講座情報ページまで。

特別講座「『はねバド!』『七つの大罪』 アニメに命を吹き込む音響監督、若林和弘の仕事」
日時:2018 年10 月4 日(木)19:20-21:00
会場:デジタルハリウッド大学・駿河台キャンパス
定員:70名(先着申込み順)
《仲瀬 コウタロウ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集