梶裕貴、「進撃の巨人」エレンは「もう一人の自分」 思わず日常で出た"エレンっぽい一面"とは? | アニメ!アニメ!

梶裕貴、「進撃の巨人」エレンは「もう一人の自分」 思わず日常で出た"エレンっぽい一面"とは?

声優・梶裕貴が、電子コミック配信サービス「めちゃコミック(めちゃコミ)」の“有名人インタビュー”企画に登場。現在公開中のインタビュー前編では、声優目線での漫画の読み方や、『進撃の巨人』の裏話などを語っている。

ニュース
梶裕貴、「進撃の巨人」エレンは「もう一人の自分」 思わず日常で出た
  • 梶裕貴、「進撃の巨人」エレンは「もう一人の自分」 思わず日常で出た
  • 梶裕貴、「進撃の巨人」エレンは「もう一人の自分」 思わず日常で出た
  • 梶裕貴、「進撃の巨人」エレンは「もう一人の自分」 思わず日常で出た
『進撃の巨人』エレン役や『七つの大罪』メリオダス役など、様々なアニメでメインキャラクターを務める声優・梶裕貴が、電子コミック配信サービス「めちゃコミック(めちゃコミ)」の“有名人インタビュー”企画に登場。現在公開中のインタビュー前編では、声優目線での漫画の読み方や、『進撃の巨人』の裏話などを語っている。


本企画「独占インタビュー 梶裕貴」は、前編(8月16日公開)と後編(8月23日公開)の二部で構成。
前編では、「仕事上アニメに携わることが多いので、原作の漫画を読む機会はかなりありますね」という梶が、自身の“漫画の読み方”を語る。
その中で「我々声優は、勝手に恋して勝手に振られることがよくあるんですよ……(笑)」と、声優ならではの苦悩を明かす場面も。

また、現在TVシリーズ第3期が放送中の『進撃の巨人』の裏話も明かしてくれた梶。
もともと大好きだった同作のアニメ化決定を知ったときの気持ち、オーディションを受けることが決まったときの驚き、エレンと自身の共通点、思わず日常生活で出てしまった“エレンっぽい”一面、など梶ファンにも『進撃の巨人』ファンにも読んでもらいたい内容だ。

なお、インタビュー後編では、声優を志した梶が勇気をもらった漫画や、大好きだという浅野いにお作品について語られているので、こちらもチェックして欲しい。
《CHiRO★》
【注目の記事】[PR]
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集