梶裕貴、初の著書で"声優"という仕事への思い綴る ここでしか見れない撮り下ろしグラビアも | アニメ!アニメ!

梶裕貴、初の著書で"声優"という仕事への思い綴る ここでしか見れない撮り下ろしグラビアも

ニュース

『進撃の巨人』エレン・イェーガー役や『七つの大罪』メリオダス役、『僕のヒーローアカデミア』轟焦凍役など、数々の話題作でメインキャラクターを務める実力派声優・梶裕貴が、初の著書「いつかすべてが君の力になる」を5月10日に刊行した。

本書「いつかすべてが君の力になる」は、河出書房新社から刊行中の「14歳の世渡り術」シリーズの新作。14歳で声優を目指し始めたという梶が、下積み時代の苦悩から“声優”という仕事への思いまでを語った、夢に向かう全ての人にエールを送る1冊となっている。

書籍は全編が梶による書き下ろしで、そのほかアフレコ収録時の様子をレポートした撮り下ろしグラビアや、恩師とも言える存在という三間雅文音響監督のスペシャルインタビューなども収録。

刊行にあたり、梶は「僕が声優を目指し始めたのも、ちょうど14歳の時。これも何かのご縁だと思い、執筆させていただく運びとなりました。本のタイトルは、僕自身、とても大切にしている言葉です」とのメッセージを寄せている。大人気声優が伝える“夢”を仕事にする方法は、ファンにとっても興味深い内容となりそうだ。

梶裕貴「いつかすべてが君の力になる」
5月10日発売/四六判/188ページ
定価:本体1,300円+税
《仲瀬 コウタロウ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集