新キャラ登場でルパンと不二子の関係性はどうなる? 水瀬&島﨑が「ルパン三世PART5」の魅力を語る | アニメ!アニメ!

新キャラ登場でルパンと不二子の関係性はどうなる? 水瀬&島﨑が「ルパン三世PART5」の魅力を語る

月25日、AnimeJapan 2018のトムス・エンタテインメントブースでは、新キャラクターとして登場するアミ・エナン役の水瀬いのり、八咫烏五郎役の島﨑信長、そしてクリエイティブプロデューサーの浄園祐

イベント・レポート
新キャラ登場でルパンと不二子の関係性はどうなる? 水瀬&島﨑が「ルパン三世PART5」の魅力を語る
  • 新キャラ登場でルパンと不二子の関係性はどうなる? 水瀬&島﨑が「ルパン三世PART5」の魅力を語る
あのルパン三世が、スマホを片手にSNSや自撮りを楽しむPV映像で話題を呼んでいる『ルパン三世PART5』。3月25日、AnimeJapan 2018のトムス・エンタテインメントブースでは、新キャラクターとして登場するアミ・エナン役の水瀬いのり、八咫烏五郎役の島﨑信長、そしてクリエイティブプロデューサーの浄園祐(テレコム・アニメーションフィルム)を招いたスペシャルイベントを開催。4月3日の放送を前に、出演者たちが本作の魅力をたっぷりと語った。

満員御礼の会場の中、浄園は「フランスのいろんなところを駆け巡りながら、ルパンがネット社会を生き抜いていく」など、現代的な作品のテーマを説明。また、物語のカギを握るキャラクターのアミを演じる水瀬は、役が決まった時に「まさか私が!?」と驚きつつ、未だにアフレコを進めていてふと「あっ、今ルパンの現場にいるんだ」という感動を実感しているという。さらに自身が演じるアミという名前のイントネーションについて、「ア(↓)ミ(↑)」であることを明かした。

一方、八咫烏五郎を演じる島﨑は「(自分やアミは)大人であるルパン一味に対しての若い人たち。そういう意味も込みで新しいものを入れて一緒に高め合っていけたらと思ってます」と意気込みを語る。八咫烏は若くしてICPOに入った銭形警部直属の部下というキャラクター。続けて「基本的には優秀だけど、熱血漢だったり人情味もあったりして。銭形と同じ高潔な信念を持っているけど、ちょっと青いので突っ走ってしまうところがあるんです。彼がいることでより銭形のカッコよさや渋さ、経験値が見えてくる」と、銭形警部との関係性も見どころになると語った。

アフレコは順調に進んでいて、現在すでに半分以上が終わったという。最初、自分が現場のどこに座ればいいか迷っていたという水瀬だが、島﨑が「僕が現場のブースに入ったら、扉の近くに水瀬さんがうつむいて座ってましたよね」と明かす。その緊張している姿を見て、島﨑も逆に救われたと話す。
でも、いざアフレコが始まるとイメージが一変。収録後にキャストたちで食事に行くなど、とてもアットホームな雰囲気だったとか。水瀬も「栗田(貫一)さんからも“もっと会話に入ってきていいんだよ”とアドバイスいただきました」を話し、積極的にキャストたちと交流できるようになったそうだ。また、島﨑は前に栗田が「リアルな現場の空気が役に乗ったりするから、変に距離を詰めるんじゃなくて、作中と同じスピードでアミとルパンの絆が育まれた方が良いかも」と語っていたことを明かした。

本作はシリーズ初のフランスが舞台。その理由について浄園は「フランスと言えばアルセーヌ・ルパンという、ルパンにとっての聖地。その国にルパン一味が乗り込んでいって、彼らのバックボーンを探っていこうという切り口になる。いよいよやっとフランスを舞台にしたぞという感じです」と語った。
本作はフランスの街並をはじめ美術にかなり凝っていて、「アフレコが毎週カラーで完成形になっていることに感動してます」と水瀬。すると浄園は、「僕が栗田さんと同時期に『ルパン三世』シリーズに関わっているんですけど、(当時ルパンを演じた)山田康雄さんたちがアフレコに色が付いていないと演じなかった」と、歴代シリーズから続く仕事への徹底したこだわりを明かし、「すごい緊張感もあったし、是が非でもいい形にして役者さんに100%の演技をしてもらおうと刷り込まれてました」と振り返った。

続いて次元大介役の小林清志については、「(小林)清志さんの存在感は特別。収録中も“もう一度やらせてくれないか”とか、どれだけ大ベテランになっても貪欲に上のものを目指し続ける姿勢はスゴイなって思いました」と島﨑。一方、水瀬はアフレコ中に小林とスマホの使い方について交流したことを明かすと、浄園は「その清志さんのスマホが本番で鳴った」というエピソードを披露して、現場がほっこりと癒されたそうだ。

『ルパン三世』で好きなキャラクターは峰不二子だという水瀬。「バイクにまたがってライダースを着てなんて一生ない」と憧れの存在であることを明かすと、浄園は「今回ぜひ注目してほしいのはアミというキャラクター。なぜかというと、ルパンと不二子の関係性に関わってくるんですよ。それは男と女という単純な話ではなくて、この2人の関係を今一度描くためにアミがキーパーソンになっている」と語った。

最後に「皆さんのおかげでテレビシリーズもPART6以降に続いてほしい。きっとアミも八咫烏もルパンファミリーのレギュラーキャラクターとして魅力を増していくと思います」と島﨑が語ったように、新キャラクターも加わって新たな一面が見られそうな「ルパン三世PART5」。4月からの放送がますます楽しみだ。


TVアニメ「ルパン三世PART5」
4月3日(火)深夜より日本テレビ「AnichU」ほかにて放送開始
https://lupin-pt5.com/

原作:モンキー・パンチ (C)TMS・NTV
《小松良介》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集