“面白さ至上主義”でギリギリまで攻める! TVアニメ「ラストピリオド -終わりなき螺旋の物語-」ゲーム×アニメプロデューサー対談 3ページ目 | アニメ!アニメ!

“面白さ至上主義”でギリギリまで攻める! TVアニメ「ラストピリオド -終わりなき螺旋の物語-」ゲーム×アニメプロデューサー対談

2018年2月4日、東京・恵比寿で行われたファン感謝祭で、突然のアニメ化が発表された『ラストピリオド ―終わりなき螺旋の物語―(以下、ラスピリ)』。

インタビュー
“面白さ至上主義”でギリギリまで攻める! TVアニメ「ラストピリオド -終わりなき螺旋の物語-」ゲーム×アニメプロデューサー対談
  • “面白さ至上主義”でギリギリまで攻める! TVアニメ「ラストピリオド -終わりなき螺旋の物語-」ゲーム×アニメプロデューサー対談
  • “面白さ至上主義”でギリギリまで攻める! TVアニメ「ラストピリオド -終わりなき螺旋の物語-」ゲーム×アニメプロデューサー対談
  • “面白さ至上主義”でギリギリまで攻める! TVアニメ「ラストピリオド -終わりなき螺旋の物語-」ゲーム×アニメプロデューサー対談
  • (C)Happy Elements K.K/LAST PERIOD ANIMATION PROJECT
  • (C)Happy Elements K.K/LAST PERIOD ANIMATION PROJECT
  • (C)Happy Elements K.K/LAST PERIOD ANIMATION PROJECT
  • (C)Happy Elements K.K/LAST PERIOD ANIMATION PROJECT
  • (C)Happy Elements K.K/LAST PERIOD ANIMATION PROJECT
■アニメで受けた刺激をゲームに反映させたい

――松田さんは今回のアニメ化で制作工程をひとつずつご覧になっていると思いますが、ゲームとアニメの制作で何か違いを感じる部分はありますか?

松田
衝撃を受けたのはアフレコですね。ゲームだとキャストさんは個別収録が普通ですけど、アニメでは掛け合いが基本だから演技にライブ感が生まれていく様子が見て取れて。そこはすごく感動しましたね。

大澤
ファン感謝祭でもキャストの方々が言ってましたけど、収録日の直前まで台本が渡されないから次の話数で何をやるのかビックリ箱みたいって。

松田
「次の脚本が来るのを楽しみにしてます!」と言っていただけるのがすごく嬉しいですね。

――今作ではルルナという、田辺留依さんが演じるアニメオリジナルの新キャラクターが登場します。今後はこういったアニメでの展開がゲームに影響を与えることも?


大澤
そこは僕のほうからもぜひお願いしたいなと(笑)。

松田
いやもう、ぜひやりたいです。ルルナもゲームの世界観から完全に逸脱しているわけではなく、ちゃんと関係のあるキャラクターになっているので、リンクは全く問題なくできると思います。むしろ個人的には、アニメの反響がどんどんゲームに刺激を与えてくれることを望んでいるので。

大澤
基本的に松田さんには毎回会議に参加していただいているので、監修だけだけでなく一緒になってオリジナルストーリーを作れるというのは大変ありがたいですね。

――アニメ化にあたってスタッフの人選はどうやって?

大澤
これは制作現場の声を聴きながら、弊社とJ.C.STAFFさんから松田さんに提案しました。岩崎(良明)監督は『ラブひな』や『ゼロの使い魔』といった美少女キャラクター作品に強い印象がありますけど、男の子が主人公の描き方も上手いし、何よりキャラクターと真っ直ぐ向き合ってくれる監督なので今作に適任だと考えました。

松田
僕がプロデューサーなのにけっこう無茶をするので、監督が上手く手綱をとってコントロールしてくれてますね(笑)。岩崎監督はゲームのほうもしっかりやり込んでくださって、キャラクターの魅力もちゃんと担保してくれるので助かりました。

大澤
あと、キャラクターデザインの高橋(みか)さんはJ.C.STAFFさんからの推薦ですが、描いてもらったラフを松田さんにお見せしたところ、一発OKで。

松田
普通に「すごい!」って思いましたよ。whoopinの特徴を上手く捉えているし、表情集もたくさんバリエーションを描いてくれて、すごく意気込みを感じました。


大澤
たしかに高橋さん本人もすごく気持ちが乗って描いていると思いました。シリーズ構成の白根(秀樹)さんは、うちも『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』でお世話になっていて頼りになる方なんですけど、今回はオリジナルなのでゼロからネタを考えないといけないから、色々と辛かっただろうなあ……(笑)。

松田
本当に大変だったと思います。しかも「攻めましょう!」なんて言っちゃってすみません(笑)。

■ゲームで培った強みをアニメと融合させる

――シナリオは各話完結のオムニバスに?

大澤
オムニバスではあるものの、全話通したメインストーリーはありますね。白根さんをはじめ、制作スタッフみんなのアイデアを吸収しながら作っていった感じです。

松田
基本構成はハルたち主人公チームと、ワイズマンというチームの対立構造がベースになるのかなと。すごく大きなことを言うと、今作はこれまでアニメを培ってきた方々の知恵や技術と、僕らゲームサイドで培ってきた強みの融合がもしかしたら出来たのかな、というう手応えはあるんですよ。


大澤
そこはすごく分かります。ゲーム業界もアニメ業界もネタとしていじってるし。ここら辺はもうちょっと大きく言っといたほうが良いかもしれない(笑)。

――具体的なポイントをお聞きしてもいいですか?

松田
実は今回、うちのゲームサイドのシナリオライターが丸ごと担当した話数があるんです。

大澤
やっぱりゲームのネタを盛り込むとなると、我々では分からない部分が多いので。企画当初から1話分どこか書いてくださいというお願いをしました。

松田
初めてだったので大分時間がかかったんですけど、苦労した分、面白い感じになったと思います。

――やっぱりゲームとアニメではシナリオ制作の勝手が違いますか?

松田
当たり前ですが、ゲームとアニメでは文法が違うんですよね。例えばゲームの場合、シーンが切り替わるごとに今どういう状況なのか説明を入れる必要がありますが、アニメだと視覚的に見せられるから必要がない、みたいな。演出のアプローチがゲームと全然違うのですごく勉強になりました。これを逆輸入すれば、ゲームシナリオももっと削れる部分があると思うし、まだまだ進化できる余地があるのかなって。

――そのぐらいクリエイティブを刺激するアニメが出来上がったわけですね。

松田
まあ、ふたを開けてみたら「え、どこが?」って言われるかもしれないけど(笑)。

大澤
こういう融合かよ、みたいな(笑)。でも、面白い試みができたんじゃないかと思います。アニメはアニメとして、新規ユーザーが楽しめるように作ってますので、あまりゲーム原作だからと身構えずに、気軽に見てもらえたら嬉しいですね。

松田
そうですね。アニメとゲームの各チームが結集して、全話本当にアグレッシブに面白さを追求して作ってますので、ぜひご期待ください!


TVアニメ『ラストピリオド -終わりなき螺旋の物語-』

【スタッフ】
原作:Happy Elements
キャラクターデザイン:whoopin
監督:岩崎良明
シリーズ構成:白根秀樹
アニメーションキャラクターデザイン:高橋みか
総作画監督:高橋みか
美術監督:岩瀬栄治
美術設定:大平 司
色彩設計:安藤智美
撮影監督:廣瀬唯希
編集:新見元希
音楽:マニュアル・オブ・エラーズ
音響監督:岩浪美和
音響効果:小山恭正
音響制作:マジックカプセル
音楽制作:NBCUniversal Entertainment
プロデュース:EGG FIRM
アニメーション制作:J.C.STAFF
製作:LAST PERIOD ANIMATION PROJECT

【キャスト】
ハル:花江夏樹
ちょこ:田村ゆかり
リーザ:菊地美香
ガジェル:村瀬 歩
エーリカ:加隈亜衣
カンパネルラ:M・A・O
ミウ:?
ジレッド:金城大和
ノイン:上田麗奈
イオナ:茅野愛衣
ミザル:原田彩楓
キカザル:鬼頭明里
イワザル:真野あゆみ
グル:井澤詩織
ルルナ:田辺留依

【放送情報】
TOKYO MX 4月11日より毎週水曜日 24:00~
ABC朝日放送 4月11日より毎週水曜日 26:15~
BS11 4月12日より毎週木曜日 24:00~

【CD情報】
OP主題歌
「欲張りDreamer」ハル(CV:花江夏樹)×ちょこ(CV:田村ゆかり)
発売日:2018年4月25日
1,200円+税

ED主題歌
「タイトル未定」ワイズマン(CV:原田彩楓&CV:鬼頭明里&CV:真野あゆみ)
発売日:2018年4月25日
1,200円+税

(C)Happy Elements K.K/LAST PERIOD ANIMATION PROJECT
《小松良介》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集