「はいからさん」大和和紀と「セーラームーン」武内直子 少女漫画の“レジェンド”対談 | アニメ!アニメ!

「はいからさん」大和和紀と「セーラームーン」武内直子 少女漫画の“レジェンド”対談

ニュース

少女マンガ誌「デザート」12月号(発売中)にふろくとして、劇場アニメ公開を控える『はいからさんが通る』をフィーチャーした特別別冊が付属。
作者・大和和紀と『美少女戦士セーラームーン』の武内直子によるレジェンド対談をはじめ、『ちはやふる』の末次由紀ら人気作家によるトリビュート漫画、大正時代の可憐なファッションやガールズ・ライフに焦点を当てたファッション分析コーナーなど、豪華で盛り沢山な内容となっている。

『はいからさんが通る』は「週刊少女フレンド」にて1975年から77年にかけて連載された少女マンガ。男勝りな少女・花村紅緒と陸軍少尉・伊集院忍の恋を描いた大正ロマンとして人気を博し、シリーズ累計発行部数は1200万部を突破する大ヒット作となった。劇場アニメ化は11月11日に「前編~紅緒、 花の17歳~」、2018年に「後編~東京大浪漫~」が公開される。

「デザート」12月号に付属する『はいからさんが通る』トリビュート特別別冊の目玉は、作者・大和和紀と『セーラームーン』の武内直子による特別対談だ。武内は『はいからさんが通る』から多くの影響を受けたことを明かしており、レジェンド少女漫画家の対談はファン必読の貴重な内容となった。

さらに『ちはやふる』の末次由紀、『ママレードボーイ』の吉住渉、『こどものおもちゃ』の小花美穂など、人気少女漫画家たちによる描き下ろしトリビュート作品が掲載された寄稿コーナーにも注目。どの漫画も「はいからさん愛」にあふれている。

ファッション分析コーナー「『はいからさん』とガールズ・ライフ」では、お菓子研究家・福田里香と人気ライターのトミヤマユキコが『はいからさん』ワールドを楽しく紹介。大正時代の可憐なファッションも魅力的な本作を解き明かす。

そのほか、マンガ第1話から84ページにわたる再録や、劇場アニメで紅緒を演じる早見沙織ら著名人のコメント、特別企画や最新ニュースなども掲載。永久保存版の一冊に仕上がった。

「デザート」12月号
発売:10月24日(火)
価格:400円(税抜)
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集