「はいからさんが通る 後編」宮野真守&早見沙織が選ぶ名ゼリフは? 舞台挨拶で明かす | アニメ!アニメ!

「はいからさんが通る 後編」宮野真守&早見沙織が選ぶ名ゼリフは? 舞台挨拶で明かす

10月20日、『劇場版 はいからさんが通る 後編 ~花の東京大ロマン~』の舞台挨拶が、東京・新宿ピカデリーにて実施された。満席となった会場には、主人公・花村紅緒役の早見沙織、伊集院忍役の宮野真守、青江冬星役の櫻井孝宏、ラリサ役の坂本真綾ら計4名が登壇した。

ニュース
『劇場版 はいからさんが通る 後編 ~花の東京大ロマン~』舞台挨拶オフィシャルスチール(C)大和和紀・講談社/劇場版「はいからさんが通る」製作委員会
  • 『劇場版 はいからさんが通る 後編 ~花の東京大ロマン~』舞台挨拶オフィシャルスチール(C)大和和紀・講談社/劇場版「はいからさんが通る」製作委員会
10月20日、『劇場版 はいからさんが通る 後編 ~花の東京大ロマン~』の舞台挨拶が、東京・新宿ピカデリーにて実施された。満席となった会場には、主人公・花村紅緒役の早見沙織、伊集院忍役の宮野真守、青江冬星役の櫻井孝宏、ラリサ役の坂本真綾ら計4名が登壇した。

まずは早見が、公開を迎えたことに「原作が最後まで描かれたという感慨があります」とコメントすると、宮野は「後編はより、優しさであったりと、少尉の根本的な部分に触れられたなと思いました」と、よりキャラクターへの理解が深まったと述べる。
櫻井は、前編から活躍の場を広げた青江役について「紅緒と出会ったことで、冬星の人間性が表れたのかなと思います」と触れ、後編からの出演となった坂本は「ラリサは、紅緒と違った形でまた歴史と戦いながら生きている女性だと思いながら、演じていました」と役作りを明かした。

また早見は、作品の内容について「前編と比べ、紅緒自身も大人になった部分があったなと思いました。色々な別れや新しい出会いを積み重ねて、それぞれのキャラクターが、自分が選んだ道を信念を持って進んでいくというところが、後編では描かれていると思いました」とも言及。
キャラクターの名台詞に関する話題では、宮野が「冬星の『きたな……恋人』という台詞が好きですね。素晴らしいです」と笑顔で話し、早見は「ラリサの『あなた……許してくださる?私のような女を……』に、私の中の男心がくすぐられました」と打ち明けた。

このあと原作者・大和和紀から花束をプレゼントされたのち、最後は一言ずつの挨拶へ。
坂本が「今の私たちが好きな仕事をしたり、好きな人と結婚できたり自由に生きられるようになったのも、この時代の女性たちが戦ってくれたからなんだなと思いました」とストーリーを振り返ると、櫻井は「激動の時代を懸命に生きる紅緒たちを観ていただいて、感じたもの、思ったことを、皆さまの中で大切にしていただきたいなと思います」とメッセージ。

宮野は「普遍的なメッセージが描かれているからこそ、いつの時代も愛され続けている作品なんだなと思います。そして何より、初めてアニメーションとして最後まで描かれる歴史的瞬間に立ち会えたことが幸せです」と“不朽の名作”を見届けたことを喜び、早見は「人の手ではどうにもできない事も起きてしまう。それでもそれぞれ立ち上がって生きていくんだということを、映画を観て感じていただき、明日を生きる糧になると嬉しいなと思います」と来場者に呼び掛けた。

(C)大和和紀・講談社/劇場版「はいからさんが通る」製作委員会
《仲瀬 コウタロウ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集