実写「ハガレン」本予告にキャラ総登場! 朴ロ美&釘宮理恵らアニメ版声優も絶賛 | アニメ!アニメ!

実写「ハガレン」本予告にキャラ総登場! 朴ロ美&釘宮理恵らアニメ版声優も絶賛

ニュース

12月1日公開の実写映画『鋼の錬金術師』の本編がついに完成を迎え、原作者・荒川弘のほかアニメ版で声優を務めた朴ロ美、釘宮理恵によるコメントが到着した。またMISIAが書き下ろした主題歌「君のそばにいるよ」の入った本予告もあわせてお披露目となった。

待望の本編を目にした荒川は、「『エドがいる!』って驚いて、冒頭からアクション全開で一気に世界観に引き込まれました」といい、「エンドロールできっと、涙が溢れてくると思います。純粋に楽しかった。自分でマンガを描いておいて何ですが(笑)」と大絶賛。またアニメ版でエドを演じた朴は「ここに新たな『鋼の錬金術師』が誕生した…と胸が震えるほどに、実写版としての魅力に溢れていました。とにかく観てほしい!」と心が揺さぶられたことを明かし、同じくアニメ版でアル役を務めた釘宮は「とてもとても感動しました。色々な気持ちが溢れてきて、いつも応援して下さっている皆様と分かち合いたいな、と思いました。」との思いを寄せた。

さらに公開された本予告では、MISIAが書き下ろした主題歌「君のそばにいるよ」とともに、エドとアルの兄弟による“賢者の石”を探す壮大な旅が展開。“機械鎧(オートメイル)技師”としてエドとアルの兄弟を支える幼馴染み・ウィンリィ役の本田翼をはじめ、“焔の錬金術師”と畏怖されるマスタング大佐役のディーン・フジオカ、ホークアイ中尉役の蓮佛美沙子、ヒューズ中佐役の佐藤隆太、“綴命(ていめい)の錬金術師”と呼ばれるタッカー役の大泉洋、ハクロ大佐役の小日向文世らオールスターキャストが続々と姿を見せる。

そして映像の後半では“賢者の石”の存在を知ったエドに対して、「色欲」の名を持つホムンクルス(人造人間)のラスト役・松雪泰子やエンヴィー役の本郷奏多、グラトニー役の内山信二らが襲い掛かっていく。弟のアルは「この空っぽの身体で何を信じればいいんだよ!」という悲痛な思いをエドにぶつけ、ウィンリィはそんな兄弟の姿を見て涙する。“賢者の石”の秘密と、その周囲に渦巻く恐大な陰謀は明らかになるのだろうか。エドとアルを待ち受ける運命に期待が膨らむ仕上がりとなった。



映画『鋼の錬金術師』
2017年12月1日公開
(C)2017 荒川弘/SQUARE ENIX (C)2017 映画「鋼の錬金術師」製作委員会
《仲瀬 コウタロウ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集