「劇場版 マジンガーZ」場面写真で、45年ぶりの“ブレストファイヤー”! | アニメ!アニメ!

「劇場版 マジンガーZ」場面写真で、45年ぶりの“ブレストファイヤー”!

ニュース

『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』のワールドプレミア開催が決定した。ローマ国際映画祭にて10月28日に世界最速上映される。フランスでは11月22日の劇場公開が決まり、日本より2ヶ月早くお披露目されることになった。それにあわせて、先行場面カットも公開。マジンガーZの活躍場面が多数映し出されている。

『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』公開された場面写真【フォトギャラリー】

伝説的ロボットアニメの45年ぶりの復活として注目を集める『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』より、遂にマジンガーZの戦闘シーンなどを映し出した先行場面写真が公開。さらに2018年1月の日本公開に先駆け、10月開催の「ローマ国際映画祭」にて世界最速上映となるワールドプレミアが決定した。

『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』は搭乗型巨大ロボットアニメの元祖『マジンガーZ』を現代に蘇らせたシリーズ最新作。キャストには森久保祥太郎、茅野愛衣、上坂すみれといった人気声優陣を迎え、テレビシリーズから10年後の世界を描く。

今回公開されたのは、復活を遂げたマジンガーZが必殺技・ブレストファイヤーを放つシーンや、パイロットでありかつての英雄・兜甲児の姿などを収めた先行場面カット。新キャラクター・リサや、荒廃した大地にそびえ立つ”謎の巨大シルエット”も映し出されており、ストーリーの行方にますます興味がそそられる。

本作は日本でのロードショーに先駆けて、海外で先行公開されることも注目を集めているが、世界最速上映は公式招待作品へ選定された「第12回ローマ国際映画祭」に決定。10月28日の特別上映にて、原作者・永井豪も駆けつけるワールドプレミアが実施される。

ワールドプレミアに続き、10月31日からはイタリアで公開開始。また、11月22日からフランスでの劇場公開も決定しており、本シリーズはヨーロッパでも人気が高い作品なだけに、日本でのロードショーに弾みを付ける先行公開になるだろう。

『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』
2018年1月13日(土)全国ロードショー

(C)永井豪/ダイナミック企画・MZ製作委員会
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集