「ヤマト2202」鈴村健一×神谷浩史インタビュー「ベテランに学べて、同士もいる。幸せな現場です」 | アニメ!アニメ!

「ヤマト2202」鈴村健一×神谷浩史インタビュー「ベテランに学べて、同士もいる。幸せな現場です」

インタビュー

「ヤマト2202」鈴村健一×神谷浩史インタビュー「ベテランに学べて、同士もいる。幸せな現場です」
  • 「ヤマト2202」鈴村健一×神谷浩史インタビュー「ベテランに学べて、同士もいる。幸せな現場です」
  • 「ヤマト2202」鈴村健一×神谷浩史インタビュー「ベテランに学べて、同士もいる。幸せな現場です」
  • 「ヤマト2202」鈴村健一×神谷浩史インタビュー「ベテランに学べて、同士もいる。幸せな現場です」
  • 「ヤマト2202」鈴村健一×神谷浩史インタビュー「ベテランに学べて、同士もいる。幸せな現場です」
  • 「ヤマト2202」鈴村健一×神谷浩史インタビュー「ベテランに学べて、同士もいる。幸せな現場です」
  • 「ヤマト2202」鈴村健一×神谷浩史インタビュー「ベテランに学べて、同士もいる。幸せな現場です」
  • 「ヤマト2202」鈴村健一×神谷浩史インタビュー「ベテランに学べて、同士もいる。幸せな現場です」
  • 「ヤマト2202」鈴村健一×神谷浩史インタビュー「ベテランに学べて、同士もいる。幸せな現場です」
コスモリバースシステムを持ち帰り、地球を再生させた彼らは、宇宙からの謎のメッセージに誘われ、再び旅立つ。『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』の第二章 発進篇が、いよいよ6月24日より期間限定で劇場上映。はるか宇宙のテレザート星から救援を求められた古代進たちヤマトクルーは、やはりヤマトに乗り込むのか。そして地球と同盟を組むガミラス帝国の思惑は――。ヤマトと共に、物語が今発進する。

前シリーズ『宇宙戦艦ヤマト2199』ではヤマト航海長であり、古代進の盟友でもある島大介を引き続き演じている鈴村健一。そして今作『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』から新キャラクターとして登場し、ヤマトを監視しながらも運命を共にすることになるガミラス帝国地球駐在武官のクラウス・キーマン役の神谷浩史。声優として同期であるふたりに、『ヤマト2202』という大きな艦の乗り心地を語ってもらった。
[取材・構成=大曲智子]

『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』第二章 発進篇
http://yamato2202.net/
2017年 6月24日(土)より期間限定劇場上映

■鈴村「神谷浩史のために作られた役だと思った」

――いよいよヤマトが再び航海に出ました。第二章全体の率直な印象をお聞かせください。

神谷浩史(以下、神谷)
丁寧に作られているなという印象がありましたね。単純に第一章が2話分だったのに対して、今回の第二章は4話分。制作にかけている時間も倍ですから、ヤマトが発進するまでのエピソードひとつひとつを丁寧に描いているなという印象でした。

鈴村健一(以下、鈴村)
やっと発進したなぁって思いました。いよいよだという部分がしっかり描かれていますよね。もちろん第一章も始まったなという感じがあったんですけど、さらにそれを強めたというか。すごくワクワク感のある第二章だなと思いましたね。

――それぞれ演じたキャラクターの印象もお聞かせください。神谷さん演じるキーマンは少し中身が見えてきたのかなという感じがしましたが……。

神谷 
とはいえ上司であるバレルに言われたことをただやっているという印象は拭えないと思いますし、それで間違っていないと思います。彼の意思が果たしてどこで見えてくるのかというのは、今後の見どころかなと思っていますけど、今回に関してはバレルに言われた通りに動いているだけ。ただ、一ヶ所だけ彼の意思が強く見えるところがあるので、そこは注目してほしいですね。


――鈴村さん演じる島大介も、心の動きがありますね。

鈴村 
最終的には島もヤマトに乗るんだろうなっていうのは、第一章の時から思ってたんですよね。これで乗らないとなったら、シリーズ構成の福井(晴敏)さんに怒りに行こうかなと思っていたぐらい(笑)。結論としては、島も再びヤマトに乗ることになります。どういう過程で乗ったかはぜひ劇場で見ていただきたいですね。

――ちなみに、お互いのキャラクターについて思っていることってありますか。 

鈴村 
キーマンは謎すぎるからねぇ。偉そうなことを言うつもりはないですが、神谷浩史がやるべくして誕生したキャラクターというぐらい、すごく合ってると思うんですよ。キーマンの第一声を聞いた時、これは神谷浩史のために作られた役なんじゃないかって本当に思った。その謎めいた部分も含めて、何か持ってるんだろうなと感じさせてくれますよね。名前の通り本当にキーマンだと思うし、その裏付けが声にもしっかり出ている。アニメっていろんな見方ができるので、もちろん作品やキャラクターに焦点を当てて見てほしいんですが、それ以外のバックボーンとして、これを神谷浩史がやることに意味があると思って見る人もいると思う。それに耐えうる、さすがのキャスティングだと思いました。


――神谷さんは、鈴村さん演じる島大介についてどのように感じていますか。

神谷 
島もほかのヤマトクルー同様に突き動かされていくのかと思いきや、冷静さを見せる。僕は島のそんな冷静なところがすごく好きなんですよね。ヤマトという艦の中に絶対なくてはならない存在。ただ「ワープ!」って言ってるだけじゃないんだっていう(笑)。


鈴村 
ワープマンだからね。別名ワープマン。

神谷 
「あいつワープの時しかしゃべらないな」って思われるかもしれないけど(笑)。でも第二章では彼の強い意思や揺れてる部分が見える。島というキャラクターがより立体的に、人間として、皆さんに伝わるエピソードだと思う。それを健一くんがしっかりと演じている。何しろ過去作も含めて『ヤマト』への愛情がアホほどある人なので。そういう部分も含めて島大介というキャラクターって、僕からすると愛らしいキャラクターに見えるんですよ。葛藤するところが人間っぽい。それに比べて古代は背負っているものがデカすぎるので。

鈴村 
古代はヒロイックだからね。

神谷 
そうなんだよね。古代って常に追い詰められてる。余裕がなさすぎて大丈夫なのかって心配になるよ。

鈴村 
自らヒーローになろうとしているところがある。

神谷 
島はそこを緩めるポジションというか、古代に寄り添う存在。重要なポジションになっていくはずなので、目が離せないキャラクターだなと思っています。

次ページ:神谷「キーマンとしては『こいつらわからん』って思うんです」
《大曲智子》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集