「原作を読んでいても衝撃」第2期の出来栄えに梶裕貴も納得 『進撃の巨人』ステージ【AJ2017】 | アニメ!アニメ!

「原作を読んでいても衝撃」第2期の出来栄えに梶裕貴も納得 『進撃の巨人』ステージ【AJ2017】

イベント・レポート

「原作を読んでいても衝撃」第2期の出来栄えに梶裕貴も納得 『進撃の巨人』ステージ【AJ2017】
  • 「原作を読んでいても衝撃」第2期の出来栄えに梶裕貴も納得 『進撃の巨人』ステージ【AJ2017】
  • 「原作を読んでいても衝撃」第2期の出来栄えに梶裕貴も納得 『進撃の巨人』ステージ【AJ2017】
  • 「原作を読んでいても衝撃」第2期の出来栄えに梶裕貴も納得 『進撃の巨人』ステージ【AJ2017】
  • 「原作を読んでいても衝撃」第2期の出来栄えに梶裕貴も納得 『進撃の巨人』ステージ【AJ2017】
  • 「原作を読んでいても衝撃」第2期の出来栄えに梶裕貴も納得 『進撃の巨人』ステージ【AJ2017】
  • 「原作を読んでいても衝撃」第2期の出来栄えに梶裕貴も納得 『進撃の巨人』ステージ【AJ2017】
3月25日(土)・26日(日)開催、日本最大級のアニメイベント・ AnimeJapan 2017。第2日目、RED STAGEでは4月1日より放送スタートのTVアニメ 『進撃の巨人』Season2のスペシャルステージが催された。

人類と“巨人”との戦いを描いた『進撃の巨人』は、2013年4月にアニメ放送がスタートし、一大ムーブメントを巻き起こしたメガヒット作品。会場内の座席は満員で、4年ぶりとなるアニメでも人気は全く衰えていなかった。

イベントが始まると、主人公・エレン役の梶裕貴、ミカサ役の石川由衣、アルミン役の井上麻里奈、サシャ役の小林ゆう、コニー役の下野紘が登壇し、各々がひと言ずつ挨拶。その際に小林が、なぜか持っていたパンを落としてしまい大慌て。その様子に会場は笑いに包まれた。

司会から「Season1とSeason2で演じる上での変化は?」という質問に、石川は「Season2はSeason1 の続きとなるので、逆に変わらないよう心がけました」と答えた。下野は「Season1 から時間が経っていたので、リアルさ・真に迫った気持ちになれるのか不安だった。でも本番ではキチンと演じることができました」とのことで、これに関してはキャスト全員が、『進撃の巨人』の世界を再び演じることへの“漠然とした不安”を抱いていたという。

次に1話を終えての感想を聞かれた井上は「やはり、内容が壮絶。巨人が怖いなって感じられるはず」と述べ、「Season1の1話は最後が衝撃的だけど、Season2の1話も 負けていない。原作を読んで話を知っていても衝撃を受けた」と原作ファンでも楽しめると太鼓判を押した。

その後、ステージ上のスクリーンにPVとSeason2第1話の一部が映し出されると、圧倒的な美しい映像と残虐な巨人とエレンたちとの壮絶な戦い、サシャ・コニーたちの掛け合いなどに観客は目を奪われた。また、PVの中でエレンが「この裏切り者が!」と意味深なセリフを叫ぶシーンに触れ、梶は「原作を読んで、これを言いたいと思っていた」という。何があってエレンはそう叫んだのか、気になって放送が待ちきれない。そして「前よりもブレがなくなった。持っている良いところを発揮して、作戦の中枢を担っている」と井上が語ったアルミン、「男子も 女子もキュンとくる、女の子らしい」というミカサの活躍にも注目したい。

告知のコーナーでは、Season1のBlu-ray・DVDの発売情報や10月29日に予定されているスペシャルイベント、キャスト150名の舞台『進撃の巨人』が7月28日に開演することが伝えられた。
最後に、キャスト・観客全員で『進撃の巨人』名物ともいえる、右こぶしを心臓に、左こぶしを腰に置く、「心臓を捧げよ!」の敬礼でイベントは幕を閉じた。

AnimeJapan 2017
ビジネスエリア:2017年3月23日(木)~3月24日(金)
メインエリア:2016年3月25日(土)~3月26日(日)
会場:東京ビッグサイト
《冴島友貴》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集