ラスカル、ちびまる子ちゃんが迎えてくれる「ANi★CUTE」 池袋にオープン | アニメ!アニメ!

ラスカル、ちびまる子ちゃんが迎えてくれる「ANi★CUTE」 池袋にオープン

イベント・レポート

(C) NIPPON ANIMATION CO., LTD.
  • (C) NIPPON ANIMATION CO., LTD.
  • (C) NIPPON ANIMATION CO., LTD.
  • (C) NIPPON ANIMATION CO., LTD.
  • (C) NIPPON ANIMATION CO., LTD.
  • (C) NIPPON ANIMATION CO., LTD.
  • (C) NIPPON ANIMATION CO., LTD.
  • (C) NIPPON ANIMATION CO., LTD.
  • (C) NIPPON ANIMATION CO., LTD.
2014年11月15日(土)、いよいよ池袋サンシャインシティ専門店街アルパ2階に日本アニメーションのオフィシャルショップ「ANi★CUTE(あに★きゅーと)」がオープンする。その内覧会が11月14日(金)に行われた。

まず登場したのは一日店長であるペネロペ、ラスカル、ちびまる子ちゃんの着ぐるみだ。エプロンをつけた女性に先導されながらまるで子供のように可愛らしく登場した。「ANi★CUTE」のショップバックにもこの3キャラクターが描かれている。取材陣側からも「かわいい!」と歓声が上がり、途中でペネロペが別方向へ移動してしまったのをラスカルが手伝ってあげたりと、撮影は終始和やかに行われた。撮影の途中ではサンシャインシティの鈴木誠一郎代表取締役社長と日本アニメーションの石川和子代表取締役社長も登場し、着ぐるみたちと固い握手を交わした。

店内には所狭しと日本アニメーションのグッズが並び、思わず「かわいい」と声をあげてしまうほどデザインも可愛らしく種類も豊富だ。『あらいぐまラスカル』を中心に『ちびまる子ちゃん』『ペネロペ』などの日本アニメーション作品のグッズが並ぶ。
特に『あらいぐまラスカル』はグッズの幅が広く、その愛らしさから20~30代の女性にも人気が出るだろう。ふなっしーとのコラボグッズにも注目だ。

なぜ今回池袋という場所にオフィシャルショップをオープンさせたのか、日本アニメーションの石川社長に話を伺った。「現在、池袋という街はアニメの街として多くのアニメファンたちの集う場所になりました。今後更にアニメの街として盛り上げていくと同時に、ファミリー層にも来やすい街へ。その豊島区の呼びかけに協力したいと思い、サンシャインシティに出店しました」とのことだ。
2015年で40周年となる日本アニメーションだが、子供から大人まで多くの幅広い年齢層を呼び込むことができそうだ。

そしてテレビアニメ『ちびまる子ちゃん』も来年で放送25周年とこちらも記念イヤーになる。今日は特別にポスターも展示してあり、声優のサインも書かれていた。そして新しい展開として少し大人向けのオーガニックデザインのグッズを発売、落ち着いたトーンのグッズは女性でも使いやすそうだ。このデザインを使ったはちみつとクッキーを個数限定で販売する。
さらに25周年の企画として、来年2015年には『ちびまる子ちゃん』1時間スペシャルも予定しているそうで、来年はちびまる子ちゃんイヤーとなりそうだ。

他にも朝のドラマで話題になった『赤毛のアン』のグッズや思わず「懐かしい」と言ってしまうような世界名作劇場のポストカードが並んでいた。日本アニメーションの世界名作劇場はたくさんのことを教えてくれる作品だ。
小さい頃、『フランダースの犬』や『小公女セーラ』『母を訪ねて三千里』などを見て色々なことを学んだ人も多いのではないだろうか。かくいう私も『愛少女ポリアンナ物語』の"よかった探し"が今でも人生の支えになっている。
果たして今後、アニメでどんなことを教えてくれるのか。家族でも楽しめる作品を作り続けている日本アニメーションの40周年のその先も、見守り続けていきたい。

『ANi★CUTE』公式ブログ
http://ameblo.jp/anicute

(C) NIPPON ANIMATION CO., LTD.
《タカロク》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集