「DEVILMAN crybaby」永井豪と湯浅政明が対談 「永井先生になったつもりで作りたい」【AJ2017】 | アニメ!アニメ!

「DEVILMAN crybaby」永井豪と湯浅政明が対談 「永井先生になったつもりで作りたい」【AJ2017】

イベント・レポート

「『DEVILMAN crybaby』原作・永井豪 監督・湯浅政明スペシャル生対談」(c)Go Nagai-Devilman Crybaby Project
  • 「『DEVILMAN crybaby』原作・永井豪 監督・湯浅政明スペシャル生対談」(c)Go Nagai-Devilman Crybaby Project
  • 「『DEVILMAN crybaby』原作・永井豪 監督・湯浅政明スペシャル生対談」(c)Go Nagai-Devilman Crybaby Project
3月25日、AnimeJapan 2017のセミナーステージにて「『DEVILMAN crybaby』原作・永井豪 監督・湯浅政明スペシャル生対談」が開催された。マンガ史に残る傑作『デビルマン』を手がけた永井豪とアニメ化に挑む湯浅政明がトークを繰り広げた。

永井豪はデビルマンを思わせるグリーンカラーのジャケット姿で登場。湯浅監督は『DEVILMAN crybaby』のティザービジュアルが描かれた特製Tシャツを掲げて対談に臨んだ。永井は今年公開される湯浅監督の映画『夜は短し歩けよ乙女』と『夜明け告げるルーのうた』をすでに鑑賞したことを明かし、その作家性を絶賛。「この監督は『デビルマン』のシュールな世界を作れる作品だと確信しました」と太鼓判を押す。
湯浅は巨匠からの絶賛に恐縮しつつも、今回の企画は自ら依頼したことを語る。「誰もが見ている作品なので映像化するのはかなり難しいだろうと思いました。でも“やりたい!”という気持ちがあって、お願いをしたら通ってしまった」と戦々恐々な様子。だが「作り始めるとプレッシャーは忘れることができる。“自分が永井先生になる”つもりで作りたいです」と意気込みを見せた。

永井はオファーを快諾した理由について「意欲がある人がいらっしゃるんだったら、僕の場合は何でもOKです。自分の作品と違ったものができても僕は気にしない人間なんですよ」と口にする。そして湯浅に向けて「自分の好きなように作ることが一番力を発揮できる。僕に合わせようなんて考えないで良いから、好きなようにやってください」と温かいエールを送った。
なお二人が会うのは今回が2回目だそうだ。「『デビルマン』をやるときにはお祓いをした方が良い」ということで、初対面のときは仏前だったことを永井が告白すると会場から笑いが起こった。

湯浅はアニメ化のコアになる部分について「最大のポイントは(飛鳥)了を描くこと」だと語る。永井もこれに同意し「自分もマンガの後半になってようやく、本当の主人公は了だと気付いた」と打ち明ける。不動明と飛鳥了の二人をメインに、原作に沿ったストーリーが繰り広げるようだ。
さらに湯浅からは「『デビルマン』という作品がある世界で起こる出来事……のように考えて作っています」と気になる発言も飛び出した。1972年に誕生した傑作がどのようなかたちで生まれ変わるのだろうか。

最後に湯浅は「永井先生の期待に添えるような良い作品になると思っています。マンガのラストシーンに集約するような構成で、マンガを再現するようなつもりでいます。よろしくお願いいたします」とメッセージを伝えた。
一方の永井は「僕の方は何のプレッシャーもありませんから」と会場を笑わせつつも、「作るのを楽しんで貰えれば良い作品になると信じています。早く見たい。ただそれだけです」と笑顔を見せた。

『DEVILMAN crybaby』
2018年初春、Netflix全世界独占公開

AnimeJapan 2017
ビジネスエリア:2016年3月23日(木)~3月24日(金)
メインエリア: 2016年3月25日(土)~3月26日(日)
場所:東京ビッグサイト

(c)Go Nagai-Devilman Crybaby Project
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集