虚淵玄×水島精二×會川昇「コンクリート・レボルティオ」超人鼎談 “虚淵玄にとって正義とは?” | アニメ!アニメ!

虚淵玄×水島精二×會川昇「コンクリート・レボルティオ」超人鼎談 “虚淵玄にとって正義とは?”

インタビュー

 
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
現実の日本とは異なる歴史を歩んだ「もうひとつの日本」を舞台に、多彩な“超人”たちによる饗宴を描く『コンクリート・レボルティオ~超人幻想~』。第2期『コンクリート・レボルティオ~超人幻想~THE LAST SONG』では、豪華ゲストライターの参加が大きな話題を集めている。虚淵玄、辻真先、中島かずきと、いずれも“超人級”の作家達だ。
アニメ!アニメ!では、『コンレボ』制作陣と、ゲストライター陣との連続インタビューを企画。第3弾となる今回は5月22日放送の第20話「終わりなき戦い」の脚本を担当した虚淵玄と、水島精二監督、原作・脚本を手がける會川昇による鼎談を届ける。
アニメ・特撮を問わず、ひねりの効いた切り口で「ヒーロー」や「正義」を描いてきた虚淵だが、今回はどのようなヒーロー像を提示するのか? 『コンレボ』で描かれる正義をどう捉えているのか? 話を訊いた。
[聞き手:数土直志 取材・構成:沖本茂義]

『コンクリート・レボルティオ~超人幻想~ THE LAST SONG』
http://concreterevolutio.com/
TOKYO MX毎週日曜23:00より/サンテレビ毎週日曜25:00より/KBS京都毎週日曜23:00より
BS11毎週火曜24:30より

■ ほかでは出来ない脚本を書ける喜び

――まずは、虚淵さんが本作に参加されたきっかけからお聞きかせください。

虚淵玄氏(以下、虚淵)
『楽園追放 -Expelled from Paradise-』でご一緒したときに、水島監督から声をかけてもらったんですよね。

水島精二監督(以下、水島) 
ええ。「いま會川氏とこういう企画を進めてるんだけど、もしよかったら一本書かない?」と軽い感じで(笑)。で、よくよく話をしていると、虚淵さんは會川さんと接点があったみたいで。

虚淵
そうなんです。別件でお会いする機会があったのですが、會川さんと互いに盛り上がって、「この勢いで何かやりたいですね」と話していて。それで「『コンレボ』やっちゃいましょうか!」と、そんなノリでした(笑)。

――虚淵さんは、今回の企画を聞いたときの印象はいかがでしたか?

虚淵
最初、水島監督から「ヒーローもので『ウォッチメン』みたいな感じ」と聞いて「どういうことだ!?」って首をかしげたんですよ。

水島
あはは(笑)。

虚淵 
実際に放送を観てみると、「これはとんでもないシリーズがはじまったな」と驚愕しました。脚本の工夫の凝らし方も魅力なんですが、なによりも視聴者への理解力に対する信頼が凄いなと。「ここはご理解いただいているという前提で話を進めます」というスタンスですよね。書くほうとしてもけっこうハードルが高いなと思いつつも、「ほかではできない仕事をできる!」とワクワクしました。


――今回、虚淵さんは一本だけの参加となりましたが、同じゲストライターの辻真先先生のように「もっと書いてほしかった」というのもあったのでしょうか?

水島
虚淵さんの参加が本決まりとなったのは、かなり終盤だったんです。もし調整がついていれば複数書いてもらうことはありえましたね。もともと會川氏と「なるべくゲストライターに書いてもらいたい」と話していたので。

會川昇氏(以下、會川)
今のアニメはどれもそうですが、ゲストライターの方に自由に書いてもらえる回はシリーズの中でごくわずかしかない。「1話と最終話以外は別のライターさんが書いても大丈夫」という体制にできたら理想ですが、現実的には難しいわけです。昔のように最終回で新しい敵がいきなり出てきても許される時代ではないので(笑)。
『コンレボ』の第2期は、シリーズ構成として1話完結を基本としているんです。それには「ゲストライターの方に自由に書いてもらいたい」という意図がありました。

《沖本茂義》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集