キャスト勢ぞろいで大盛況! 「ご注文はうさぎですか??」イベント「Rabbit House Tea Party2016」! | アニメ!アニメ!

キャスト勢ぞろいで大盛況! 「ご注文はうさぎですか??」イベント「Rabbit House Tea Party2016」!

イベント・レポート

 
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
2016年5月7日(土)、横浜市にあるパシフィコ横浜国立大ホールにて、『ご注文はうさぎですか??』のイベント「Rabbit House Tea Party2016」が開催された。
『ご注文はうさぎですか??』は、2014年4月~6月に放送された『ご注文はうさぎですか?』の続編として、2015年10月~12月に放送されたTVアニメ。木組みの家と石畳の街に引っ越してきた主人公・ココアと、その下宿先である喫茶店「ラビットハウス」の娘・チノ、そしてその仲間を中心に描かれる日常ゆるふわコメディだ。

大画面に映し出された映像とカウントダウンで始まった本イベントには、ココア役・佐倉綾音、チノ役・水瀬いのり、リゼ役・種田梨沙、千夜役・佐藤聡美、シャロ役・内田真礼、マヤ役・徳井青空、メグ役・村川梨衣、青山ブルーマウンテン役・早見沙織、モカ役・茅野愛衣、タカヒロ役・速水奨と本作品のキャスト陣が勢ぞろい。
挨拶のあとは、早速最初のコーナー、「ごちうさランキング」へ。まずは、「一番芸術的センスがありそうなキャラ」ランキング。9位からマヤ、メグ、ココア、モカ、チヤ、シャロ、青山ブルーマウンテン、リゼ、そして1位がチノという結果になった。それぞれの順位に対して各キャラクターをフォローしたりと、和気あいあいとしたトークが繰り広げられ、客席からも絶えず笑い声が響いていた。

そんな中、キャスト陣の芸術的センスを競うミニゲーム「上手に撮りまショウ 速水SHOW!」がスタート。1人1人カメラを渡され、速水をどれだけかっこよく撮ることができるかを競い合った。速水はこのコーナーのために用意された、動く、光るミニステージに乗って登場し、キャスト陣にカメラを向けられる中様々なポーズをきめていた。結果、背景との一体感が素晴らしかった茅野が勝利。
ミニゲームのあとは、「オリジナル朗読劇」。「誰が一番小説の主人公に向いているか」「一番ネーミングセンスのありそうなキャラ」などのランキングも交えつつ、このTea Partyならではのオリジナルストーリーが生で演じられた。
続いて、「ギャラクティかわいい選手権」のコーナー。ラビットハウスチームとフルール・ド・ラパンチームに分かれ、“かわいい”を競い合うというもの。それぞれ指定されたシチュエーションに合った“かわいい”を演じ、場内に爆笑の渦を巻き起こした。勝者には、シュークリームでできた「ティッピータワーオリジナルケーキ」が贈られるとあって、皆、想像力を駆使して戦っていた。他にも「ご注文はカウントクイズですか?」で「シャロがつっこんだ回数とココアが絶叫した回数の合計」を当て合うなど様々なバトルが繰り広げられ、最後はラビットハウスチームが見事勝利をおさめた。

その後も「私たちにまかせなさい!!」のコーナーで速水、早見、茅野がキャスト陣の悩みに答えていくなど、にぎやかな時間が届けられた。
そしてクイズのあとは、いよいよライブ。『ご注文はうさぎですか??』のOP『ノーポイッ!』から始まり、キャラクターソング『出かけましょうと答えましょう』『ナマイキTiny Heart』『ナイショのはなしは夢の中で』『Rabbit Hole』『やきもち風味のカモミール』『ぴょん’sぷりんぷるん』とノンストップで大盛り上がり。客席はカラフルなサイリウムの海と化した。ラストはED『ときめきポポロン♪』で締められた。

ライブが終わると、いよいよラストスパート。様々なパッケージ情報、今年7月からTOKYO MXにて日曜朝11時から再放送が行われること、新キャラクターソングシリーズ制作決定、新作エピソード制作決定などが発表された。そしてここで、翌日5月8日が誕生日の佐藤にサプライズでバースデーケーキが贈られ、バースデーソングでお祝い。
最後はムード冷めやらぬ中一言ずつ挨拶を述べ、このイベントのために作られた楽曲『本日は誠にラリルレイン』をみんなで歌ってイベントは終了となった。
《月乃雫》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集