「風のように」7月9日より劇場公開 クラウドファンディングも目標額に到達 | アニメ!アニメ!

「風のように」7月9日より劇場公開 クラウドファンディングも目標額に到達

ちばてつやのマンガを原作とする短編アニメ『風のように』のクラウドファンディングが目標額に到達し、劇場公開が正式に決定した。7月9日に下北沢トリウッドにてロードショーとなる。5月7日にはプーク人形劇場にて完成披露トークイベントも行われる。

ニュース
(C) ちばてつや/エクラアニマル
  • (C) ちばてつや/エクラアニマル
ちばてつやのマンガを原作とする短編アニメ『風のように』のクラウドファンディングが目標額に到達し、劇場公開が正式に決定した。7月9日、下北沢トリウッドにてロードショーとなる。5月7日にはプーク人形劇場にて完成披露トークイベントが行われる。
『風のように』は1969年に「少女フレンド」(講談社)にて読切掲載された短編が原作である。環境問題が注目されはじめる前に、自然と人間がどのように共存できるかを提起した作品として知られている。

『風のように』は、2016年2月にまずクラウドファンディングがスタート。当初の予定額200万円を大幅に越える300万円の支援が集まった。これがアニメ化実現に一役買った。
本作のアニメーション制作は『フイチンさん』のエクラアニマルが担当。監督は本多敏行、作画監督は野口征恒、原画は木村圭市郎、大橋学、増田敏彦、田辺修と、実力派のメンバーが揃った。主人公の三平役には『ドラゴンボール』『ど根性ガエル』など、数多くの作品で主人公を演じてきた野沢雅子を起用。日本の懐かしい景色を描いた本作らしいキャスティングとなった。

今夏のロードショーに先駆けて、5月7日にはクラウドファンディングの支援者に向けた完成披露トークイベントが開催される。会場のプーク人形劇場には、原作者のちばてつやをはじめ、マンガ家の村上もとか、石川サブロウ、川三番地が登壇。さらに本多監督と野口作画監督も出演する予定だ。シンガーソングライター・松本佳奈による主題歌「恋風」のライブも予定しており、劇場公開を盛り上げる。
そして6月11日には栃木県さくら市にて上映会が行われる。こちらには、ちばてつやと森川ジョージの登壇を予定している。多彩な名作を手がけてきた二人がどのようなトークを繰り広げるのか、要注目である。
[高橋克則]

『風のように』
7月9日、下北沢トリウッドにてロードショー
(c)ちばてつや/エクラアニマル
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事