「ズートピア」日本だけのご当地キャラクター タヌキのニュースキャスターを芋洗坂係長担当 | アニメ!アニメ!

「ズートピア」日本だけのご当地キャラクター タヌキのニュースキャスターを芋洗坂係長担当

ニュース

ディズニーの最新作長編アニメーション映画『ズートピア』が、4月23日に全国公開となる。公開前からすでに話題たっぷりの注目作である。
そんな本作に、日本公開だけのオリジナルキャラクターが登場することが分かった。ニュースキャスターのマイケル・狸山である。またこの吹替キャストには、お笑い芸人の芋洗坂係長が起用されることになった。

全世界で公開される『ズートピア』だが、本作に登場するニュースキャスターはそれぞれの地域に合わせて5種類が用意されている。例えば北米のオリジナルバージョンではヘラジカがこれを務めるが、オーストラリアに行くとコアラ、中国はパンダ、そしてブラジルはジャガーとそれぞれの国に馴染みの深い動物に替わる。
日本版はそのひとつで、タヌキのマイケル・狸山として登場。典型的なサラリーマンをイメージしたそのルックスだ。
その姿がよく似ていると、芋洗坂係長が吹き替えに起用された。芋洗坂係長はキャラクターを見て「だから私のところに(オファーが)来たんだなと思いましたよ。これは自分がモデルになったんじゃないかと思うくらい、似ていましたから」とコメントするほど、マイケル・狸山に親近感を持つ。

バイロン・ハワード監督とリッチ・ムーア監督は、狸の採用について次の様に説明する。「日本特有のキャラクターを探しているときに、ちょっといたずら好きでずる賢く、それでいて茶目っけがあり、頭の良い不思議な雰囲気を持つ動物を見つけました。それがタヌキだったんです」と。
さらに世界各国で独自のキャラクターを設定したことについて、「より映画を身近に感じてもらいたいという思いからです。様々な種類の動物たちが大都会で共存している世界を描いているので、国際色豊かな壮大な世界に仕上げたかったんです」と明かしている。
[高橋克則]

『ズートピア』
4月23日全国ロードショー
(c)2016 Disney. All Rights Reserved./Disney.jp/Zootopia
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集