『天元突破グレンラガン』AnimeJapanトークショー開催 特設ステージで名シーンを上映 | アニメ!アニメ!

『天元突破グレンラガン』AnimeJapanトークショー開催 特設ステージで名シーンを上映

イベント・レポート

AnimeJapan 2016のフィールズブースでは特設ステージを展開し、様々な作品のトークイベントが行われた。3月27日にはアニメ『天元突破グレンラガン』より、シモン役の柿原徹也とヨーコ役の井上麻里奈が登壇。今だからこそ話せる思い出話を披露した。

『天元突破グレンラガン』は2007年に放送されたオリジナルロボットアニメである。主人公のシモンや兄貴分のカミナをはじめとするキャラクターの熱い友情や、ドリルをモチーフとした個性的なメカデザイン、地下世界から全銀河にまで広がる壮大なストーリーで注目を集め、08年と09年には劇場版も制作されたヒット作だ。
そのメインキャストが久々に登壇する機会とあって、ブース周辺には大勢のファンが集結。中には開演の一時間以上前から並んでいた人もいたほどで、いまだ衰え知らずの人気ぶりを見せつけていた。

イベントでは『グレンラガン』の名シーンを上映しながら、オンエア当時を振り返るかたちで進んでいった。第11話「シモン、手をどけて。」からはカミナの死を乗り越えたシモンがニアを助けるシーン、第21話「あなたは生き残るべき人だ」ではヨーコがライフルで敵を倒すシーンをピックアップ。二人は懐かしそうにスクリーンを見つめながら、アフレコ時のエピソードや作品に込めた想いを伝えた。
第27話「天の光は全て星」の結婚式のシーンでは、感極まった井上が思わず言葉を詰まらせる一幕も。ファンだけでなくキャストにとっても大切な作品であることが感じられた。

後半では「月刊ヒーローズ」にて連載中のマンガ『天元突破グレンラガン 決戦!男組編』の話題に移った。本作はドラマCDから派生したコミカライズであり、二人はその世界観が絵でどのように表現されているのか楽しみながら読んでいるとコメント。
さらに今年稼働した「CR天元突破グレンラガン」のアフレコでは、必殺技を叫ぶ場面が多かったため非常に気合いが入った現場だったことも打ち明けた。そのほか、柿原と井上のサイン入りパネルのサプライズプレゼントもあり、会場は大きな盛り上がりを見せた。

最後は柿原が「『天元突破グレンラガン』は僕にとって初めての主役であり、初めてロボットに乗った作品でもあります。そんなアニメが長い間、沢山の方々に愛されている。こんなに嬉しいことはありません。」とファンに向けて感謝の言葉を送った。来年にはシリーズ10周年が控えており、これからも様々な展開が期待できるイベントとなった。
[高橋克則]

AnimeJapan 2016
ビジネスエリア: 2016年3月25日(金)~3月26日(土)
メインエリア: 2016年3月26日(土)~3月27日(日)
場所: 東京ビッグサイト
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集