キーワードは“超人”「コンクリート・レボルティオ~超人幻想~」最速先行上映会レポート | アニメ!アニメ!

キーワードは“超人”「コンクリート・レボルティオ~超人幻想~」最速先行上映会レポート

イベント・レポート

キーワードは“超人”「コンクリート・レボルティオ~超人幻想~」最速先行上映会レポート
  • キーワードは“超人”「コンクリート・レボルティオ~超人幻想~」最速先行上映会レポート
  • キーワードは“超人”「コンクリート・レボルティオ~超人幻想~」最速先行上映会レポート
  • (C)ボンズ・會川 昇/コンクリートレボルティオ製作委員会
  • (C)ボンズ・會川 昇/コンクリートレボルティオ製作委員会
  • (C)ボンズ・會川 昇/コンクリートレボルティオ製作委員会
  • (C)ボンズ・會川 昇/コンクリートレボルティオ製作委員会
  • (C)ボンズ・會川 昇/コンクリートレボルティオ製作委員会
  • (C)ボンズ・會川 昇/コンクリートレボルティオ製作委員会
9月30日(水)、新作テレビアニメ『コンクリート・レボルティオ~超人幻想~』の最速先行上映会が東京・シネマート新宿にて開催された。『コンクリート・レボルティオ~超人幻想~』は監督に水島精二さん、原作・脚本に會川昇さんという『鋼の錬金術』や『UN-GO』のタッグが手がけるオリジナルアニメで、10月4日(日)よりTOKYO MXほかにて放送開始される。
イベントでは先行上映に先駆けて、メインスタッフのおふたりとともに、主人公・人吉爾朗(ひとよしじろう)役の石川界人さん、ヒロインとなる星野輝子(ほしのきっこ)役の上坂すみれさん、風郎太(ふうろうた)役の中村繪里子さんが登壇してトークショーが行われた。

はじめに同学年であるという水島監督と會川さんが、本作の生まれた経緯や意気込みを披露。またキャスト陣はオーディションにあたって、通常のキャラ表のほかに膨大な資料があり圧倒されたと口々に語り合った。それを受けて脚本の會川さんから、「神化」という本作独自の世界観が生まれた背景が明かされた。
続いて、それぞれのキャラクターを、デザイン画とともに紹介。魔女っ子である輝子を演じる上坂さんは、第1話で描かれる変身シーンの魅力を存分に語り、会場の笑いを誘った。オバケである風郎太を演じる中村さんからは、「化けるキャラなので、姿を変えるたびにどう演じるかいつも悩んでいる」と役へ臨む熱意が語られた。
登壇した3人が演じるのはいずれも「超人課」に所属することになるキャラクターだ。水島監督と會川さんからは「超人課」、そして「超人」という本作のキーとなる設定の解説がなされた。オリジナル作品だけに超人という設定が今後どのように展開していくのか、観客の期待を大いに煽った。

その後、OP主題歌「カタラレズトモ」を担当するZAQさんも登壇。
「イメージを膨らませるのが大変だったんですが、水島監督と打ち合わせをして、爾朗の気持ちになって歌った」と歌詞に込めた思いを述べたのち、OPテーマを披露、力強い歌声で会場を沸きに沸かせた。

最後にスタッフ・キャスト全員からメッセージが。石川さんからは時系列が複雑な本作に関して「いろいろなことを考えながら見てほしい」と物語の奥深さが語られた。本作と世界観を同じにする小説も発表した會川さんからは完全なオリジナル作品を手がけられた喜びの言葉が。
最後に水島監督からは「スタッフ一同、おもしろいフィルムを作ろうとがんばっていますので、楽しんでいただければと思います」という今後に期待を抱ける言葉でトークショーは締めくくられた。

TVアニメ『コンクリート・レボルティオ~超人幻想~』
2015年10月4日(日)テレビ放送開始
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集