「リトルプリンス 星の王子さまと私」コミカライズ決定 「りぼん」12月号に読み切りを掲載 | アニメ!アニメ!

「リトルプリンス 星の王子さまと私」コミカライズ決定 「りぼん」12月号に読み切りを掲載

ニュース

11月21日公開の映画『リトルプリンス 星の王子さまと私』と、集英社の少女マンガ誌「りぼん」のコラボレーションが決定した。11月2日発売の「りぼん」12月号に読み切りマンガが掲載される。日本の読者に向けてキャラクターや設定をアレンジした49ページの大作に要注目である。

読み切りマンガを手がけたのは『小さい恋のでっかいメロディ』などの代表作を持つ若手マンガ家の木村恭子さんだ。マンガは主人公の女の子が『星の王子さま』のお話に出会い、やがて王子を探す旅に出るという映画のストーリーを引き継ぎながらも、設定やキャラクターに大胆なアレンジが施されている。
映画では9歳の女の子が名門校に転入するために引っ越す場面からスタートしていたが、日本の読者がより共感できるようにと、名門中学への入学を控えた12歳の小学生に変更された。キャラクターも「りぼん」らしくアレンジされ、細部まで作り込まれている。「りぼん」の読者層である小中学生の女子に向けて映画をアピールしていくことになった。

『リトルプリンス 星の王子さまと私』はフランスの作家・サン=テグジュペリの児童文学『星の王子さま』のその後を描いた物語だ。刊行から70年を経て初めてアニメ映画化されたことや、3DCGとストップモーションを使用したユニークな映像で、日本公開前から話題を博している。
主人公の女の子は子役の鈴木梨央さんが担当。お母さん役は女優の瀬戸朝香さんが起用された。そのほか、伊勢谷友介さん、滝川クリステルさん、竹野内豊さん、ビビる大木さん、津川雅彦さんと豪華な吹替声優陣もポイントである。監督は『カンフー・パンダ』のマーク・オズボーンさん、キャラクターデザインは『ファインディング・ニモ』のピーター・デ・セブさんが務めている。
[高橋克則]

『リトルプリンス 星の王子さまと私』
11月21日(土) 2D/3D 全国ロードショー
(C) 2015 - LPPTV - Little Princess - ON Ent. - Orange Studio - M6 films - Lucky red
Licensed by Warner Bros. Consumer Products,
a division of  Warner Entertainment Japan Inc.
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集