「シドニアの騎士 第九惑星戦役」ついに最終話 最速上映会に逢坂良太、洲崎綾らも感動 | アニメ!アニメ!

「シドニアの騎士 第九惑星戦役」ついに最終話 最速上映会に逢坂良太、洲崎綾らも感動

『シドニアの騎士 第九惑星戦役』宇宙最速上映会が6月28日に開催された。舞台挨拶に逢坂良太、洲崎綾、豊崎愛生、金元寿子、原作者の弐瓶勉が登壇した。

イベント・レポート
(c)TSUTOMU NIHEI・KODANSHA/KOS PRODUCTION COMMITTEE.
  • (c)TSUTOMU NIHEI・KODANSHA/KOS PRODUCTION COMMITTEE.
  • (c)TSUTOMU NIHEI・KODANSHA/KOS PRODUCTION COMMITTEE.
『シドニアの騎士 第九惑星戦役』宇宙最速上映会が6月28日にTOHOシネマズ新宿にて開催された。話題の人気アニメの最終回も含むエピソードを、豪華ゲストの登壇と共に楽しむという贅沢なイベントだ。
上映後の舞台挨拶には谷風長道役の逢坂良太さんをはじめ、白羽衣つむぎ役の洲崎綾さん、科戸瀬イザナ役の豊崎愛生さん、緑川纈役の金元寿子さんとキャスト陣が集結した。さらに原作者の弐瓶勉さんも登壇し、大団円を迎えたアニメ版への思いを打ち明けた。

今回のイベントでは第9話から第11話に加え、最終話のディレクターズカット版を上映する。テレビ未放送ロングバージョンを楽しめる貴重な機会とあって、大勢のファンが詰めかけた。本作の人気ぶりを感じることができた。
主演の逢坂さんは「最終回まではあっという間でした。最後の主題歌「シドニア」が流れるシーンは泣きそうになり、エンディングでも泣きそうになり、僕は本当にシドニアが好きなんだなと再確認しました」と思い入れの深い作品であったことを語った。
最終話のキスシーンについては「ロマンティックになっていますが、首を絞められているシーンでもあるのでプレスコ収録時は本当に吐きそうになりました」と裏話を披露し、会場の笑いを誘った。

洲崎さんは「新シリーズは完全プレスコだったのであっという間でした。頭の中で想像しながら録るのは楽しくもあり、難しかったです」と収録についてコメント。「姿形を変えて様々なかたちで『シドニア』に関われて幸せです」と複数の役柄を演じた喜びを語った。
イザナ役の豊崎さんは、オーディションでは星白閑役を受けていたため、男性でも女性でもない自身の役柄に難しさを感じていたとのこと。「『第九惑星戦役』では女の子に変化していくので、今日から女の子になるぞ、という気持ちで演じました」と気合いを入れて収録に臨んだようだ。
金元さんは「司令補として成長していく纈の姿が見れて良かったです。立場上自分の感情で動けなかったりするけど心の中では長道やつむぎを信じているのだなと思いました」とキャラクターの心境について話した。

原作者の弐瓶さんは紅天蛾が復活するシーンに触れ「紅天蛾は赤くて怖かったです。アニメになって色がつくとやはり凄いですね」とその仕上がりに感激した様子だった。
最後に逢坂さんは「この2年『シドニアの騎士』に関われ、どんどん長道が出来上がっていき、とても素敵な時間を過ごせました。3期と言わず原作の終わりまで演じることができたらいいなと思います。皆様、ありがとうございました」とメッセージを伝えた。イベントは大盛況の内に幕を閉じた。
[高橋克則]

『シドニアの騎士 第九惑星戦役』
http://www.knightsofsidonia.com/

「『シドニアの騎士 第九惑星戦役』宇宙最速上映会」
日時: 6月28日(日)上映19:00~ (舞台挨拶20:50~)
場所: TOHOシネマズ新宿
登壇者: 逢坂良太、洲崎綾、豊崎愛生、金元寿子、弐瓶勉
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集