『百日紅 ~Miss HOKUSAI~』原 恵一監督インタビュー‐後編‐「女性に観てもらいたい」 | アニメ!アニメ!

『百日紅 ~Miss HOKUSAI~』原 恵一監督インタビュー‐後編‐「女性に観てもらいたい」

5月9日に全国公開となる長編アニメ映画『百日紅 ~Miss HOKUSAI~』。映画公開を前の原 恵一監督インタビュー後編は、作品の背景やみどころなどについてお話をいただいた。

インタビュー
原 恵一監督
  • 原 恵一監督
  • 『百日紅 ~Miss HOKUSAI~』原 恵一監督インタビュー‐後編‐「女性に観てもらいたい」
  • 原 恵一監督
  • 『百日紅 ~Miss HOKUSAI~』原 恵一監督インタビュー‐後編‐「女性に観てもらいたい」
5月9日に全国公開となる長編アニメ映画『百日紅 ~Miss HOKUSAI~』。杉浦日向子のマンガ原作、日本を代表するアニメーション監督の原 恵一、アニメーション制作はプロダクション I.Gと話題の映画だ。さらに主人公である江戸時代の浮世絵師・葛飾北斎の娘であるお栄の声を杏が演じる。豪華キャスト陣も注目を浴びている。
映画公開を前の原 恵一監督インタビュー後編は、作品の背景やみどころなどについてお話をいただいた。
[取材・構成=数土直志]

『百日紅 ~Miss HOKUSAI~』
5月9日(土)TOHOシネマズ日本橋、テアトル新宿ほか全国ロードショー
http://sarusuberi-movie.com/

■ 正解は杉浦さんの原作に

映画の中で重要な位置を占めるのが、「江戸」「浮世絵」そして「葛飾北斎」といったキーワード。よく知っているようで、再現するには一筋縄ではいかない。原監督はこれらをどう解釈したのだろうか。

――本作は葛飾北斎が重要な役割を持っています。北斎についてどう思われていますか? お栄もそうですがかなりエキセントリックな人です。

原恵一監督(以下、原) 
僕にとっての北斎像は、『百日紅』にとっての北斎なんです。もちろん、今回つくるにあたって、北斎に関する資料も読みました。ちょっと風変わりな人物だったみたいですよね。

――原作があるとはいえ、原作に描かれてないものがあると思いますが、江戸時代の考証はかなり調べられたのですか?

abesan原 
歴史考証を担当する人は今回は特に立てていません。とにかく正解は杉浦(日向子)さんの原作だとつねにスタッフに言っていました。

――ファンタジー的な要素も多少織り込みつつ、でもそこは深く追わないというバランスが絶妙です。

原 
それも杉浦さんの原作に準じて描いた部分なんです。不思議なことはこの世にはあるんだよ、ということです。

――ファンタジー作品ではないということですか。

原 
そうそう。日常と非日常が混在しているのが当時の江戸だった。僕らには見えなくなってしまったものたちを、江戸の人たちは見ていたかもしれない。
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集