映画「カイト/KITE」原作者:梅津泰臣インタビュー“原作へのリスペクトに溢れた実写化” | アニメ!アニメ!

映画「カイト/KITE」原作者:梅津泰臣インタビュー“原作へのリスペクトに溢れた実写化”

日本アニメの傑作が海外で実写映画化された。『カイト/KITE』が4月11日より全国公開する。公開に先立ち、原作者の梅津泰臣さんに映画の見どころ、実写化の意義などを聞いた。

インタビュー
日本アニメの傑作が海外で実写映画化された。『カイト/KITE』が4月11日より全国公開する。本作は1998年に梅津泰臣監督が手がけた18禁アダルトアニメを原作としている。原作アニメは、両親を殺され暗殺者と化した少女・砂羽の復讐譚を「エロス」と「バイオレンス」の過激な描写に加え、スタイリッシュなアクションを通じて描いた傑作。国内のアニメファンのみならず海外のクリエーターからもカルト的な人気を博す。
映画では、原作の基本的要素は活かしつつオリジナル要素を加えた。少女たちが性の奴隷として売買される荒廃した近未来を舞台に、主人公・サワの内面により深く斬り込んだ物語とした。

日本のクリエティブはどう海外で受け取られ変容したのか?そして日本の作り手はそれをどうみたのか?映画公開に先立ち、原作者の梅津泰臣さんにインタビューを行った。映画『カイト/KITE』の見どころ、実写化の意義など話を聞いた。
[取材・構成=沖本茂義]

映画『カイト/KITE』
4月11日(土)全国ロードショー
http://kite.asmik-ace.co.jp/

■ 実写ならではの魅力があった

――映画化の企画が持ち上がったのは今から13年ほど前とうかがいましたが、当時話を受けてどう思われましたか?

梅津泰臣さん(以下、梅津)
とにかくびっくりしました。ディスタント・ホライゾンいう製作プロダクションを筆頭に、その後も複数のスタジオからリメイクの話をもらった。そもそも日本のアニメがハリウッドで実写化されることは稀なこと。しかも18禁のアダルトアニメだったのでなおさら驚きました。

/

――実写化にあたり原作者として何かオーダーはありましたか?

梅津
「『A KITE』というタイトルは変えないでほしい」とだけお願いしましたが、それぐらいですね。スタッフには自由につくってほしかったのでシナリオにもあまり口出しはせず。一時期は、ヒロインは傭兵の少女という設定で、戦争状態の国で戦うという物語になっていたこともありました(笑)。

――それは原作とだいぶ違いますね。完成した映画では、シナリオなどかなり原作に準拠していました。

梅津
2011年、監督がロブ・コーエンからデヴィッド・R・エリスに代わり、彼がプロデューサーに「原作に沿った脚本に戻したい」と話してくれた。それで現在のような形になりました。
しかし、撮影に入る一週間前、エリスが急逝してしまい……非常にショックを受け、「映画化はもう無理なのか」と諦めていたところ、プロデューサーが今回の監督ラルフ・ジマンを連れてきてくれた。そしてプロジェクトが再開し、ようやく映画化が実現しました。

――ヒロイン・サワの名前がアニメと同じだったり、原作へのリスペクトを感じる映画でした。

梅津
リスペクトしてもらってとても幸せでしたね。舞台が日本からヨハネスブルグに移るなど、アニメと違うオリジナルの部分もありしたけど、むしろそこが面白かった。ロケーションも良くて街の荒廃した雰囲気がよく出ていました。

/

――いくつかのアクションシーンでは、カット割りまで徹底的に踏襲されていました。

梅津
こそばゆい印象もありましたが(笑)、アニメと同じようなシチュエーションでやってくれたことには感謝します。またアクションシーンは実写ならではの表現が多くて、そこもよかったです。

――結末もオリジナルとなっています。アニメの場合、フィルム・ノワール的なズシリと重いたいものが残るような感じでしたが……。

梅津
映画のエンディングはとても気に入っています。アニメは全編を通して砂羽の秘めた情念がメインで、結末も未来を暗示させていません。もちろんそれが良いという人もいるとは思いますが(笑)。
今回、映画スタッフがアニメの物語を彼らなりの解釈で映像化していた。それがよかったですね。やっぱりアニメから丸写しただけではリメイクする意味がなくなってしまうので。

――原作アニメへのリスペクトがありつつ、実写ならではの魅力があったと。原作者としては嬉しい映画化だったのでしょうか。

梅津
もちろんです。キャラクターにしても、アニメでは出せない実写ならではの魅力がたくさん描かれていた。キャスト、スタッフがキャラクターに愛情を持ってつくってくれたおかげです。
《沖本茂義》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集