舞台「ふしぎ遊戯」 初舞台、初主演の喜矢武豊の熱演、守りたいもののために戦う物語 | アニメ!アニメ!

舞台「ふしぎ遊戯」 初舞台、初主演の喜矢武豊の熱演、守りたいもののために戦う物語

高浩美の アニメ×ステージ&ミュージカル談義 少ない人数で戦うかっこよさは、活劇には欠かせない要素、劇場でしか味わえない物がある。

連載・コラム
舞台「ふしぎ遊戯」 初舞台、初主演の喜矢武豊の熱演、守りたいもののために戦う物語
  • 舞台「ふしぎ遊戯」 初舞台、初主演の喜矢武豊の熱演、守りたいもののために戦う物語
  • 舞台「ふしぎ遊戯」 初舞台、初主演の喜矢武豊の熱演、守りたいもののために戦う物語
  • 舞台「ふしぎ遊戯」 初舞台、初主演の喜矢武豊の熱演、守りたいもののために戦う物語
  • 舞台「ふしぎ遊戯」 初舞台、初主演の喜矢武豊の熱演、守りたいもののために戦う物語
  • 舞台「ふしぎ遊戯」 初舞台、初主演の喜矢武豊の熱演、守りたいもののために戦う物語
  • 舞台「ふしぎ遊戯」 初舞台、初主演の喜矢武豊の熱演、守りたいもののために戦う物語
  • 舞台「ふしぎ遊戯」 初舞台、初主演の喜矢武豊の熱演、守りたいもののために戦う物語
連載第111回
高浩美の アニメ×ステージ&ミュージカル談義  
[取材・構成: 高浩美]   

■少ない人数で戦うかっこよさは、活劇には欠かせない要素、劇場でしか味わえない物がある

『ふしぎ遊戯』が舞台化される。発表当初から話題になっていたが、原作は1992年より『少女コミック』にて連載された。コミックスは全18巻。テレビアニメは1995~1996年の放映された(全52話)。またOVAはもちろん、ゲームにもなっている。

原作は夕城美朱と親友の本郷唯が「四神天地書」の中に吸い込まれ、神の巫女となって七星士とともに繰り広げる冒険ファンタジー。舞台版では原作の主人公・美朱が吸い込まれた本の中で出会う七星士のひとり・鬼宿(たまほめ)を主役に据えたストーリーが紡がれていく。
題材は古代中国の四神や二十八宿等で、主要な登場人物の名前は二十八宿から取られている。また、主人公や国の名前も五行説に沿って命名されているのである。

この作品の演出家の奥村直義。1991年にBQMAPを立ち上げた。歴史からモチーフを取り、「いつの時代も変わらぬ人の”想い”」を描き続けている。
原作に関しては「1人の女性の為にだったり、国の為だったり、大義の為だったり、色々とありますが、少ない人数で戦うかっこよさは、活劇には欠かせない要素です。『南総里見八犬伝』しかり、『七人の侍』しかり、サイボーグ009しかり。もちろん『ふしぎ遊戯』にもたっぷりとそれが詰まっています。なによりも個性豊かなイケメンたち揃いですしね。それでもってそれぞれのキャラクターたちがいい感じで葛藤してくれるものだから、どんどん物語に引き込まれちゃいます」とコメント。
そして、品川プリンスホテル クラブeXという客席と舞台が近い劇場での上演に関しては「それは生感。まさにライブ感。汗に息づかい、走り抜ける風や煙の匂い。色々なものを感じることが出来るかと。というか、円形ですから、角度によって見え方感じ方が違います。それもまた舞台ならではだと思うし、劇場でしか味わえない物があると思います」濃密な空間だからこその舞台、になるであろう。

そしてチケットを握りしめて来場するファンに向けて「とにかく間近で展開する迫力のある舞台をお届けします。そして初舞台、初主演の喜矢武豊が、所狭しと駆け回り吠えまくる姿に、心動くことでしょう。舞台『ふしぎ遊戯』は、漫画から大きな力を借りた、アニメ原作ではない新しい『ふしぎ遊戯』です。原作を知ってる人も知らない人も、演劇を知ってる人も知らない人も楽しめるエンターテイメントな舞台を目指して、熱烈稽古中です。キャストスタッフ一同、お客様のお越しを心よりお待ちしております」と熱く締めてくれた。

なお3月29日の千秋楽公演は、全国の映画館にてライブビューイングが決定している。映画館でも出演者の”汗”を感じることだろう。
《高浩美》
【注目の記事】[PR]
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集