「アカメが斬る!」先行上映会レポート 雨宮天と明坂聡美が登壇 | アニメ!アニメ!

「アカメが斬る!」先行上映会レポート 雨宮天と明坂聡美が登壇

6月28日、TOHOシネマズ日本橋にてアニメ『アカメが斬る!』の先行上映会が開催。主人公・アカメ役を演じる雨宮天さんとエスデス役の明坂聡美さんが登壇、作品への意気込みを語った。

イベント・レポート
6月28日、TOHOシネマズ日本橋にて新作TVアニメ『アカメが斬る!』の先行上映会が開催された。トークショーでは主人公・アカメ役を演じる雨宮天さんと、帝国軍を率いる冷酷な女性将軍・エスデス役の明坂聡美さんが登壇し、今夏スタートする作品への意気込みを語った。

『アカメが斬る!』は月刊「ガンガンJOKER」(スクウェア・エニックス刊)にて連載中のダークファンタジーが原作だ。帝都の悪を滅ぼすために立ち上がった殺し屋集団・ナイトレイドを舞台に、時代劇の「必殺」シリーズを思わせる世界設定や、超兵器・帝具を駆使したスピード感あふれるバトル描写が人気を博している。
今回の上映会は人気女性声優二人のトークショーも行われるとあって、男性客を中心に幅広い年齢層のファンが訪れた。TOHOシネマズ 日本橋最大の座席数を持つスクリーン7も満席となり、その注目度の高さが伺えた。

イベント開演と共に雨宮天さんと明坂聡美さんが登場すると、会場は割れんばかりの拍手と歓声に包まれた。これから上映される第1話と第2話の見所を聞かれた雨宮さんは、作品を鑑賞した日の夜に怖い夢を見てしまったほどショッキングなシーンが多いことを明かした。そして絵のタッチが突然変わり人間の心の闇が露わになる場面を注目ポイントに上げた。
一方、明坂さんは「私、出ていません!」と衝撃の告白。「エスデスはとりあえずオンエアを待ってください」とまさかのお預け宣言に、会場からは笑いが起こった。

先行上映がスタートすると、和やかな雰囲気は一変。ファンは熱心にスクリーンを見つめ作品を堪能していた。手に汗握る激しい殺陣はもちろん、コミカルな描写では笑い声も漏れ、上映終了後には自然と拍手が巻き起こった。
その後のトークショーではキャラクターや作品について様々な話題が繰り広げられた。雨宮さんはアカメの印象を「クールで格好良いけど、可愛らしさもあるキャラクター」だと語った。無表情であまり喋らないが実は仲間思いで、そのギャップが大きな魅力になっているようだ。

明坂さんはエスデスについて、拷問が趣味という非常に残酷なキャラクターながら部下には優しい一面も持ち、アカメと似ている部分もあるのではと分析。またキャラクターの死亡率が高い物語のため「アフレコ現場に行くと1/3から1/4は死者だったり……」と話し、ファンの爆笑を攫っていた。
続いて、雨宮さんがオープニングテーマ「Skyreach」で本人名義の歌手デビューを果たしたことに触れられると、会場からは一際大きな拍手が送られた。雨宮さんはキャラクターソングとの違いを問われると、楽曲の主人公像を想像して一から創り上げて歌わなければいけない点を上げ、初挑戦に苦労したことを打ち明けた。

最後は雨宮さんから「これからも引き続きアフレコを頑張っていきたいと思いますのでどうぞよろしくお願いします」、明坂さんから「原作が好きな方もアニメから入る方も2クールを一緒に追いかけていけたらと思います」とファンへのメッセージと感謝の言葉が伝えられ、熱い盛り上がりを見せた一夜は幕を閉じた。
[高橋克則]

アニメ『アカメが斬る!』
/http://akame.tv/

TOKYO MX 毎週日曜日 24時~
MBS 毎週月曜日 27時05分~
BS11 毎週日曜日 24時30分~
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集