「棺姫のチャイカ」テレビアニメ化 “働いたら負け”の少年と銀髪の少女の出会いから始まる物語 | アニメ!アニメ!

「棺姫のチャイカ」テレビアニメ化 “働いたら負け”の少年と銀髪の少女の出会いから始まる物語

ニュース

『スクラップド・プリンセス』、『ストレイト・ジャケット』など数々のヒット作を生み出してきた榊一郎さんが、富士見ファンタジア文庫にて刊行中のライトノベル『棺姫(ひつぎ)のチャイカ』がテレビアニメ化される。2014年4月より放送開始予定だ。
『棺姫のチャイカ』の舞台となるのは、300年以上もの間、戦国時代が続きそれが終焉を迎えたばかりのフェルビスト大陸だ。しかし、「働いたら負け」がモットーの乱破師トールが、棺を背負った禁断の姫君とチャイカと出会ったことから、世界はまた大きく変りはじめる。原作のなまにくATK(ニトロプラス)によるイラストも人気だ。

アニメ化にあたっては、人気作品をいくつも手掛け、かつハイクオリティで知られるボンズが、制作を担当する。監督は『スクラップド・プリンセス』の増井壮一さん、シリーズ構成は『らき☆すた』、『カーニヴァル』の待田堂子さんが起用されている。ファンタジーアクションの世界観を見事に映像として実現するだろう。
また、これまでに主要4キャラクターの声優も発表されている。チャイカ役には期待の若手である安済知佳さん、トール役に間島淳司さん、さらにアカリ役の原優子さん、フレドリカ役の斎藤千和さんである。

4月の放送に向け、作品情報も増えてきている。先頃は本作アニメ版のキービジュアルが公開され、その世界の一端を見せた。
さらにイントロダクションも公開された。こちらからはあらためて、作品の世界観を知ることが出来る。放送前の予習にも便利だ。
今後も新たな情報は続々公開されるとみられる。番組スタートまで期待して待ちたい。

『棺姫(ひつぎ)のチャイカ』
4月TVアニメ放送開始予定
/http://chaika-anime.jp/

[イントロダクション]
時に大陸歴1604年。フェルビスト大陸において、実に三世紀にも亘って続いてきた戦国時代は北方の雄ガズ帝国の崩壊を以て終焉を迎えた。
投入された兵力は正規の騎士や兵士の他、魔法師(ウィザード)や、乱破師(サバター)、傭兵団を含め実に62万、更に航天要塞3基をはじめとする大量の魔法兵器、棄獣兵団、天竜騎兵隊といった特殊戦力すらもが残らず駆り出され、徹底的に『諸悪の根源』とされたこのガズ帝国を殲滅した。
ガズ帝国攻略に際して同盟を結んだ大陸主要6ヵ国は、以後も相互に平和条約を結び、事実上の終戦宣言を行った。ガズ帝国は分割統治され、<禁断皇帝>の持っていた莫大な富は戦後復興の為に同じく分割されて6ヵ国がそれぞれ管理し、有効利用する事となった。ガズ帝国の誇っていた魔法技術も同様である。
それは万民の待ち望んだ平和な時代の訪れであった。
だが――
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集