短編アニメーション総合サイト「tampen.jp」、その豊かな世界の情報発信CALFがスタート | アニメ!アニメ!

短編アニメーション総合サイト「tampen.jp」、その豊かな世界の情報発信CALFがスタート

アニメーション制作・配給スタジオCALFは、1月27日に日本の短編アニメーションの総合情報サイト「tampen.jp」をスタートした。短編アニメーションに関わる人々にもっと情報を発信することを目指す。

ニュース
「日本の短編アニメーション」総合情報サイト
  • 「日本の短編アニメーション」総合情報サイト
  • 「日本の短編アニメーション」総合情報サイト
近年、短編アニメーションのシーンが熱い。国内のアニメーションコンテスト、映画祭では多様な作家、作品が多く現れ、どこも盛況だ。海外で高く評価される作家も数多い。
また、短編アニメーションは、単体の作品としては勿論、音楽やコマーシャル、イメージ映像、ウェブコンテンツなど、様々な分野と重なり、表現の可能性を広げている。日本カルチャーの動きを映し出す存在でもある。

しかし、これまで以上の関心を集める一方で、その全体像がなかなか掴めないのもまた事実だ。それは、一般に向けられた短編アニメーションの情報がまだまだ不足しているためかもしれない。
そんな現状を打ち壊そうと、2014年1月に新たな試みが始まった。アニメーション制作・配給スタジオCALFは、1月27日に日本の短編アニメーションの総合情報サイト「tampen.jp」をスタートした。どのようなジャンルで、どのような人間が携わり、何が起こっているのか、短編アニメーションに関わる人々にもっと情報を発信することを目指す。

掲載情報は、幅広い。上映・放映・イベント開催、映画祭への入選者や作品、DVDや関連グッズなど発売、新作発表、海外のアニメーションの国内上映イベントなど、短編アニメーションに関心のある人には必須の情報をまとめる。さらに作家・作品のメディア掲載情報もあるというから便利だ。
ユニークなのは、広告や街中、Webなどで使用されているアニメーション情報だろう。短編アニメーションの自立を目指すCALFならではの切り口だ。
記事は情報だけにとどまらない。国内外で活躍する作家の連載も充実する。サイトオープン時には、水尻自子さん、植草航さん、大桃洋祐さんが執筆、ぬQさん、新海岳人さんの連載も開始予定だ。

今後はイベント情報などのカレンダー機能の充実を目指すという。また、これにあたりイベント関係者からの情報提供を募っている。サイトのPRESS TO USなどで受け付ける。
さらに将来的には、英語表記の対応や作家、作品、映画祭、書籍などのデータベース作成も視野に入れる。まさに短編アニメーションの全てを目指した総合プロジェクトになる。

「日本の短編アニメーション」総合情報サイト
/tampen.jp
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集