「STAND BY MEドラえもん」気になる3DCG映画の未完成試写会、著名人10名が鑑賞 | アニメ!アニメ!

「STAND BY MEドラえもん」気になる3DCG映画の未完成試写会、著名人10名が鑑賞

ニュース

2014年8月に全国公開される話題の映画が『STAND BY MEドラえもん』だ。『ドラえもん』の作者である藤子・F・不二雄さんの生誕80周年を記念して登場する本作は、『ドラえもん』映画史上初の3DCGアニメであることが注目されている。
これまでより立体感を増したキャラクターやひみつの道具、それを取り囲む日常空間、一体どんなかたちで登場するのか気になるファンも多いだろう。こうしたなか10人の著名人が、本作を制作段階の映像から試写をして、作品の完成を見守る未完成試写会プロジェクトが行われることになった。

未完成試写会は、いろんな立場にいる人たちに映像が出来上がっていく姿を鑑賞してもらう。そのうえで映像制作の舞台裏のコメントをもらう。
今回選ばれた10人は、「10人の子ども経験者」として秋元康さん(作詞家)、大久保佳代子さん(タレント)、黒柳徹子さん(女優)、小山薫堂さん(放送作家)、田村淳さん(タレント)、豊田章男さん(トヨタ自動車社長)、羽鳥慎一さん(フリーアナウンサー)、前田敦子さん(女優)、森永卓郎さん(経済アナリスト)、ローラさん(タレント)である。様々な立場の著名人が並ぶ。

10人は、今後3回にわたり未完成の映画映像(メイキング含む)を鑑賞する。1回目は2013年12月に6分間のメイキング映像をすでに鑑賞した。今後は2014年5月頃に制作途中の本編映像の第2回試写、7月に完成映像を鑑賞する。鑑賞後には、作品の印象を自身の言葉で語る。
今回の映画は、「のび太としずかちゃんの恋のゆくえ」と「のび太とドラえもんのはじまりと終わり」のふたつのストーリーが軸となる。10人には、こうした話がどう映るのか、人選は正直な感想述べる人から選んだというだけに気になるところだ。

『STAND BY MEドラえもん』は、「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズや『friends もののけ島のナキ』を手がけた山崎貴・八木竜一の両監督が世に送りだす。3DCGの表現でドラえもんの良さを再認識できる作品を目指している。
キャラクター造型だけでも1年以上を費やした。表情や動きなどで徹底的にリアリティを追求したという。2014年夏に姿を見せる新しいドラえもんに期待が集まっている。

『STAND(スタンド) BY(バイ) ME(ミー) ドラえもん』
/http://doraemon-3d.com

未完成試写参加の「10人の子ども経験者」

秋元康(作詞家)
大久保佳代子(タレント)
黒柳徹子(女優)
小山薫堂(放送作家)
田村淳(タレント)
豊田章男(トヨタ自動車 社長)
羽鳥慎一(フリーアナウンサー)
前田敦子(女優)
森永卓郎(経済アナリスト)
ローラ(タレント)
(あいうえお順)

10人の1回目コメントは次ページ
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集