「十鬼の絆~関ヶ原奇譚~恋舞」、それぞれの想いが交錯、絆は深まる | アニメ!アニメ!

「十鬼の絆~関ヶ原奇譚~恋舞」、それぞれの想いが交錯、絆は深まる

連載・コラム 高浩美のアニメ×ステージ/ミュージカル談義

高浩美の
アニメ×ステージ&ミュージカル談義
[取材・構成: 高浩美]


■ オトメイトのライブエンターテインメント化はとどまるところを知らない

オトメイトの舞台化が盛んである。舞台版では既にシリーズ化され、大人気の『薄桜鬼』がその代表格であろう。その『薄桜鬼』のスピンオフとして2012年に登場した『十鬼の絆~関ヶ原奇譚~恋舞』が遂に舞台化する。その前に様々なイベントで盛り上げてきており、2013年にはファンディスクも発売している。
さらに来年1月早々にはミュージカル『薄桜鬼』HAKU-MYU LIVEが開催(1月4、5日 日本青年館にて)、また、同じくオトメイト作品『AMNESIA』がミュージカル化されての上演(1月9日~博品館劇場にて)もあり、とにかく、オトメイトのライブエンターテイメント化はとどまるところを知らないのである。

時代設定は戦国時代末期。豊臣秀吉が他界して1年余が過ぎた頃、争いは全国に広がり、各国の武将たちは東西に分かれての戦いの渦に巻き込まれていき、やがて天下分け目の戦いへと駆り立てられるのである。そんな時代、歴史の影に生きた「鬼」がいた。主人公は涼森雪奈。涼森家の頭領で、ちょっと抜けている女の子である。そして十家の鬼の頭領が属している“十鬼衆”の一員でもあり、その代表である八瀬姫の護衛役も務めている。ある日、八瀬姫は十鬼衆を集めてこう言った。
「人間と関わりを持っている者がいたら、即刻、関わりを絶つように」
関わりを持っている者はいなかったが、それでも八瀬姫は不安だった。その夜、姫は何者かに襲われ、瀕死の状態に。この事件をきっかけに賊を捜索することになった十鬼衆。主人公は姫の特殊能力、未来が見えるがために、何かを見たのでは?と推測。彼女に課せられた使命は姫を眠りから覚ます方法を探すことと、主人公だけに下された最後の言葉“人間社会への鬼の干渉を止めること”、それを胸に雪奈は旅立つのである。

歴史上の人物も登場し、虚実入り乱れてのストーリー、という点では『薄桜鬼』と同じ。そこにそれぞれの人間関係(鬼関係?)が複雑に絡み合うのである。

《animeanime》
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

  • 舞台「銀河英雄伝説」、ラスト公演に向けて新たな歴史を刻む 画像 舞台「銀河英雄伝説」、ラスト公演に向けて新たな歴史を刻む
  • 舞台「戦国BASARA3 宴弐」-凶王誕生×深淵の宴は豪華2本立て 画像 舞台「戦国BASARA3 宴弐」-凶王誕生×深淵の宴は豪華2本立て
  • 「私のホストちゃん」 ホスト役俳優陣は戦々恐々!? 画像 「私のホストちゃん」 ホスト役俳優陣は戦々恐々!?

特集