「東京マンガラボ出張コラム部」第7回 東京マンガラボ編 「アオハルッ!」 「くくりゃんせ」 | アニメ!アニメ!

「東京マンガラボ出張コラム部」第7回 東京マンガラボ編 「アオハルッ!」 「くくりゃんせ」

連載・コラム 東京マンガラボ出張コラム部

読者の皆様、はじめまして。
東京マンガラボのちゃおこです。
この出張コラムも始まって早半年。ここで初回を担当したマンガラボのメンバーが改めてコラムを担当させて頂きたいと思います!

まず最初に東京マンガラボからのお知らせです!
漫画家の先生方へのインタビューを中心に活動してきた東京マンガラボですが、ついに掲載した先生も50名を突破しました!ぜひ東京マンガラボウェブサイトにてご覧ください!
東京マンガラボの近況ですが、学生作品が以前よりも充実し、またブログも運営していますので、ぜひお越しくださいませ。

/http://tokyomangalab.com/

ではでは、おすすめの漫画を紹介させていただきます。

abesan■ 「アオハルッ!」

私が今回紹介したいのは、「ひぐらしのなく頃に 宵越し編」の作画を手がけたみもり先生が描く「アオハルッ!」という漫画です。
タイトルから分かる通り「青春」ですよ、「青春」。

二条花日(12)は、これから始まる新しい生活に希望を抱いて中学校に入学します。そして課題として新しい仲間たちとの共同作業に取りかかります。新しい友達との作業はきっと楽しいものになるだろうと期待する花日。しかし、班は個性的な子にあふれ、花日は悪戦苦闘…。そんなぶつかり合いやハプニングを経て、絆は深まっていくのです。思春期まっただ中の中学生達の友情や恋を描いた、爽やかな物語。

みもり先生の茶目っけのある可愛らしい画風で描かれた等身大の中学生を見ながら、とってもほんわかします。各々、様々な場面において素直になれなかったり、不器用さ故に自分の思いを伝えきれなかったりと、中学生達の成長がとにかく素敵に描かれているんですよ。特に、まっすぐに突き進む花日を見ていると心動かされるものがありますね。少し爽やかすぎる?それがいいんです!
爽やかさの中にも思わずふふっと笑ってしまうようなギャグもあり、また長編ではなく3巻で完結するので、さらっと読めてしまいます。

秋の夜長にさっと3冊いかがでしょう。

abesan■ 「くくりゃんせ」

続く2作品目は、同じくみもり先生が描く「くくりゃんせ」という作品です。

過去のトラウマから感情の起伏が少ない少年シン。ある日彼の住む町に人形楽団がやってきます。“至宝”と謳われる市松人形「菊華」を見るために友人と出かけたシンでしたが、菊華が壇上に登場した途端、観客の男たちの様子が一変。菊華の正体とは…?菊華に隠された秘密とは…?謎が渦巻く中で、見えてくる登場人物達それぞれの思い。

人形をテーマに少し不思議な世界観で描かれた作品です。昭和風の可愛らしい人形たちの物語は、少し楽しくちょっぴり悲しいものなんです。その悲しさがどこから来るのかは、読んでからのお楽しみ。ストーリーとともに人形たちの心が上手くまとめられ、少し考えさせられるところもある素敵なファンタジー系漫画。
いやー、なんといっても菊華様の美しさたるや。こわいイメージを少なからず持つ市松人形も、あまりこわくないのではと思ってしまいますね。また、1コマ1コマ、そして背景や楽団がみもり先生独特の可愛く優しい絵柄で細かく描かれていて、とても綺麗なんですよ。

1冊に、分かりやすくきれいにまとめられた読みやすい一作品です。

読んで分かっていただけたかと思いますが、みもり先生の絵やストーリーが好きな私の趣味に偏ったコラムになってしまいました。すみません。(笑)
しかしどちらも素敵な作品ですので、ぜひご一読ください。
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

特集