東京マンガラボ出張コラム部 第9回武蔵野美大イラスト研究会 「おとりよせ王子 飯田好実」「甘々と稲妻」 | アニメ!アニメ!

東京マンガラボ出張コラム部 第9回武蔵野美大イラスト研究会 「おとりよせ王子 飯田好実」「甘々と稲妻」

連載・コラム 東京マンガラボ出張コラム部

「東京マンガラボ出張コラム部」第9回目は、武蔵野美術大学イラスト研究会の芦川(あしかわ)が、お送りします!今回はご縁があってこのコラムを書かせて頂くことになりました。

ちょっとだけ、所属サークルとその私の立ち位置をお話しいたします。私の所属する武蔵野美術大学イラスト研究会は、お察しの通り学内外からイラストや漫画描きが集まっているサークルです。プロを目指し鍛錬する人から、絵を描くことが大好きで趣味で描き続けている人まで、様々な絵描きが集まっています。活動は、月一の定例会でお互いの絵を講評しあったり、合同誌を制作したり、グループ展をやったり。東京マンガラボさんとのつながりでいうと、学生クリエイターコンテストで全面協力させていただいています。
サークルとしてはまだまだ日が浅く、設立して4年目。私は設立2年目に会計なども務めさせていただいたこともありましたが、現在は後輩に役職を引き継ぎ、ひっそりまったりHNでイラスト制作活動をしています。きっと後輩たちの手で今後もサークル内外でいろいろな企画が立ち上がり、おもしろくなっていくでしょう!我がサークルながら期待の目で見守っています。

さて、東京は、桜も咲き始め、本格的な春到来ですね。そんなあったかい春の訪れにぴったりな『しあわせおうちごはん』というテーマで2作品、おすすめ漫画を紹介したいと思います。

■ おとりよせ王子 飯田好実
高瀬志帆


みなさん『お取り寄せ』ってご存知ですか?今、巷でちょっと流行りの、お家にいながらネットショッピングで日本全国世界各地のご当地メニュー・珍味を取り寄せて自宅で楽しんじゃう!というアレです。その『お取り寄せ』を愛してやまない職業システムエンジニア・飯田好実の素敵お取り寄せライフが描かれた作品。それが、本日ご紹介する1作品目、高瀬志帆先生の『おとりよせ王子 飯田好実』です。
現在第4巻まで発売され、「月刊コミックゼノン」で連載中のこの作品は、ざっくり言うと、主人公 飯田好実(26)が、週に一度のノー残業デーに、こだわりの『お取り寄せ』を受け取り、その食品をおいしく食べる様子が描かれています。
はい、非リア充26歳オタク男子のぼっち飯を見て何が楽しいんだよーと思ったらいけません!普段おとなしく激務をこなす飯田くんは、おいしい『お取り寄せ』を目の前にすると……豹変します。おいしい『お取り寄せ』に舌鼓を打ちつつ、その愛を、うんちくを、高らかに述べていきます。そのおいしそうなこと、楽しそうなこと……。
その姿に、「非リア充26歳オタク男子、良いじゃん?!」って開眼してしまう人もいるかも……?

作中に登場する『お取り寄せ』は、かの有名な『松坂牛 大とろフレーク』や名前を聞いただけではちょっと想像できない『山うに豆腐』など、レパートリー抱負。しかも、どれも高瀬先生の手で、すっごくおいしそうに描かれているから、お腹が、鳴りやまない!もうそうなってしまえば、「い、今すぐお取り寄せして、飯田くんと同じものが食べた~~い」衝動が収まらなくなることでしょう。
でも、そんな人でも大丈夫。巻末には「飯田くんおとりよせノート」のページがあり、作中に出てくる『お取り寄せ』商品の詳細が載っています。飯田くんが食した『お取り寄せ』を実際に取り寄せることが出来ちゃう!

かくいう私も2、3品程お取り寄せてしまいました。「それは影響されすぎでしょう」とつっこみがきそうですが、この作品を読むとあなたもきっと『お取り寄せ』しちゃいたくなるはずです。
『おとりよせ王子 飯田好実』を堪能した後は、お家にいながら、作中に出てくるこだわりの『お取り寄せ』を食してみる……なんて楽しさもある、いろんな意味でおいしい作品です。
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

特集