第3シーズンで新たな進化を遂げた「探検ドリランド」シリーズディレクター・深澤敏則氏、シナリオ構成・冨岡淳広氏に訊く -後編- | アニメ!アニメ!

第3シーズンで新たな進化を遂げた「探検ドリランド」シリーズディレクター・深澤敏則氏、シナリオ構成・冨岡淳広氏に訊く -後編-

インタビュー

左)深澤敏則氏、右)冨岡淳広氏
  • 左)深澤敏則氏、右)冨岡淳広氏
  • (C) グリー・東映アニメーション・テレビ東京.
  • 深澤敏則氏
  • 冨岡淳広氏
第3シーズンで新たな進化を遂げた「探検ドリランド」 
シリーズディレクター・深澤敏則氏(1期ミコト編・2期真宝王ゴード編)
シナリオ構成・冨岡淳広氏(2期真宝王ゴード編・3期べリンダ編)に訊く


「進化するアニメ『探検ドリランド』」特設ページ
/http://driland-anime.net/pr/

■ 第3期、ハガンが大人の世界を破壊していく展開に

そしてやはりファンが気になるのは、現在放送中の第3期についてでないだろうか。物語のスケールアップは肌で感じられるが、実際に何が変わったのだろうか?

「ドリ魔界、ドリ天界が出てきたことで、スケール感は広がりました。一期目からやってきた光と闇の戦いに大きな決着がつくはずです。」(冨岡)と、今後の展開に期待を持たせる。「2期目をやってもって広げたい、もっと大きくしたいという意識が強いのです。」とも。
この物語のポイントになるドリ魔界、ドリ天界の設定については、自然に決まったと話す。
さらに第3期ではハガンも大きく変わっている。第2期に比べて精神的に大人になっているという。「姿かたちが大人になるのでなく、精神的に責任を持つ立場になります。第3期は、様々なキャラクターを描くかたちとなっていて、掘ったというよりも広げたという感じです。ですから、ハガンの視点も広がって、大人にならざる得ない。」。今後のハガンのさらなる活躍が楽しみだ。

abesan『探検ドリランド』は2013年11月には、放送開始から1年5ヵ月目に突入した。ロングランの新作シリーズアニメが減る中で、長く愛されている作品である。
冨岡氏に、長く愛される作品の秘訣を訊くとこう話してくれた。
「普遍的なお話であること、基本的には少年ハガンが頑張るお話であること、そこに尽きます。主人公が何をするのか、それにどれだけ魅力があるかです。」

冨岡氏は、これまでにアニメ「ポケットモンスター」シリーズや「イナズマイレブン」シリーズを手がけている。アニメやゲームなど同時に展開する作品に成功する秘訣はあるのだろうか。
「熱さだと思います。主人公が自分の心意気ひとつで突破していく熱さですよね。ほかのシリーズでもそうですし、主人公はどんな困難でもあきらめないですし、あきらめないだけのパワーを物語の中のキャラクターが持っている。説得力も持っている。」
「男の子向けが特にそうですが、力強く描ければ、おのずから子どもたちが見てくれる、そういう風に思っています。」

これが『探検ドリランド』の中でも活かされている。
「『探検ドリランド』であれば、社会ですとか、世界を広く見ることを考えました。それがゴードであり、ドリ魔界、ドリ天界、大人の世界です。その大人の世界を破壊していくハガン、そうした展開を考えています。」
「子どもが大人の世界に挑戦して行く、そこにカタルシスがある」と冨岡氏は説明する。さらにドリ魔界、ドリ天界は、大人の世界の象徴だという。
「ドリ魔界=悪、ドリ天界=善と単純に考えてもらって構わない。ただ裏側には、そうしたものが仕込まれています。」

fd


《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集