第3シーズンで新たな進化を遂げた「探検ドリランド」シリーズディレクター・深澤敏則氏、シナリオ構成・冨岡淳広氏に訊く -前編- | アニメ!アニメ!

第3シーズンで新たな進化を遂げた「探検ドリランド」シリーズディレクター・深澤敏則氏、シナリオ構成・冨岡淳広氏に訊く -前編-

インタビュー

左)深澤敏則氏、右)冨岡淳広氏
  • 左)深澤敏則氏、右)冨岡淳広氏
  • (C) グリー・東映アニメーション・テレビ東京.
  • (C) グリー・東映アニメーション・テレビ東京.
  • (C) グリー・東映アニメーション・テレビ東京.
第3シーズンで新たな進化を遂げた
「探検ドリランド」 
シリーズディレクター・深澤敏則氏(1期ミコト編・2期真宝王ゴード編)、
シナリオ構成・冨岡淳広氏(2期真宝王ゴード編・3期べリンダ編)に訊く


2013年10月からアニメ『探検ドリランド』が、第3期に突入した。本作は人気のソーシャルゲームを原作に、アニメならではの世界を描く。ゲームの魅力にさらにアニメの面白さが加わっているのが特徴だ。
第1期ミコト編ではハンターに憧れるお姫様・ミコトが主人公としてドリランドで活躍、魔王ビザンテとの戦いが描かれた。第2期真宝王ゴード編の舞台はそこから1000年後である。ハンターがいなくなった時代、ハンターに憧れるハガンを中心にした物語だ。ハガンと悪のハンター真宝王ゴードとの戦いが中心になる。

2013年10月からスタートした第3期は、真宝王ゴードとの決着がついた1年後から始まる。成長したハガンたちの前に、天から赤ん坊のベリンダが降ってきたことから、ドリランドの運命を左右するような大きな事件が起きる。
それはドリランドだけでなく、ドリランドを天上から見守るドリ天界、地の底からみつめるドリ魔界をも巻き込む。第1期、第2期を上回るスケールで、シリーズの集大成ともいうべき展開をみせる。

そんな新たな物語がスタートしたなかで、シリーズの面白さや見どころをあらためて振り返り、さらに第3期の見どころを訊くべく、シリーズディレクターの深澤敏則氏(1期・2期)、シナリオ構成の冨岡淳広氏(2・3期)にお話を伺った。
アニメ『探検ドリランド』の楽しさはどこにあるのか、作品制作のエピソード、そして第3期、本作は一体どこが変わったのか?見どころたっぷりの『探検ドリランド』のさらなる見どころを探る。

「進化するアニメ『探検ドリランド』」特設ページ
/http://driland-anime.net/pr/

abesan■ ハガンのイメージは高杉晋作だった?!

まず深澤監督と冨岡氏に、第1期と第2期について振り返っていただいた。企画段階からシリーズに参加、およそ2年にわたり全体を見てきた深澤監督は、作品の立ち上げについてこう話す。
「ゲームはあるのですが、ストーリー性を持たない原作ですから、そのストーリーを考えていかなければいけなかった。そしてキャラクターが多かったので、これはキャラクターを見せるアニメだなとの発想から始まりました。いかにキャラクターを魅力的にするか、作りあげていくかです。」

そして物語は、第2期で新たな変化をする。舞台は1000年後に飛び、主人公は女の子のミコトから男の子のハガンに引き継がれた。『探検ドリランド』の最初の進化だ。
それぞれの主人公をどのように考え、性格づけされたのだろうか?そして、主人公が交代したことで作品はどう変わったのか気になるところだ。

深澤監督は、第1期のミコトの主人公は、早い時期に決まっていたと話す。
「ミコトは爽やか性格、女性にも好かれるような元気があってお転婆な女の子として設定されました。ほかのメンバーもそうですが、気持ちいいキャラクターにしています。」
そして第2期のハガンの登場については、番組に放送時間が土曜日の夜から土曜日の朝に移動したことも理由にある。
「第2期にハガンが主人公になったのは、放送時間帯が土曜日の朝になったのもあります。より少年向けということで男の子を主人公にというのがありました。」。ただ、そこからさらに悩みもあった。「男の子にする際には、どういう男の子にするか悩みました」。(深澤)
そこで冨岡氏らとも話し、破天荒で、スケール感の大きな主人公が誕生した。監督の中のハガンには、歴史を変えるキャラクターとして幕末の志士である高杉晋作イメージがあったという。

これについて冨岡氏はこう話す。
「“高杉晋作”のワードをもらったことによって、おのずとハガンの冒険のクライマックスも見えて来ます。破天荒だけれど変えていくんだ、ということになる。じゃあそれに対抗する敵はどうなるのと、(キャラクターづくりの)連想ゲームが始まります。」
冨岡氏は第2期からの参加ではあったが、ミコト編を常に意識していたとも。
「ミコト編をさらにパワーアップするんだと、それを考えた時にどうすればいいいのか。同じ四人組のパーティーだけれど、どんな風に変えていったらいいかなとスタッフとディスカッションしながらです。」

冨岡氏によれば、第1期と第2期の大きな違いにカードの存在もある。
「第2期ではカードを見せることが大命題でした。1期目のミコト編はカードが出ていないんです。2期目はカードが存在する世界を作るところからスタートしています。カードが存在して、それが不自然ではない。“なぜカードになったのか”と理屈を作るところから始めています。カードありきから始まっているのが1期目と2期目の最大の違いです。“なんでカードなの?”って、ありました。」
一方で、こうしたストーリーについて深澤監督も相当考え抜いた。
「単純にカードを使うだけのアニメにしたくないというのがあったんです。カードのキャラクターと旅をして、ドラマ作り関係を深めていくところを気をつけました」。
ゲームの楽しさに、さらにアニメの楽しさを加えた『探検ドリランド』は、多くの試行錯誤の中から生まれた。

fd


《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集