「モンスターズ・ユニバシティー」プロデューサー コーリー・レイに訊く 人気キャラが再びスクリーンに登場したわけ | アニメ!アニメ!

「モンスターズ・ユニバシティー」プロデューサー コーリー・レイに訊く 人気キャラが再びスクリーンに登場したわけ

『モンスターズ・ユニバシティー』の製作指揮を執ったプロデューサー コーリー・レイに、10年の時を経て、スクリーンに戻ってきたマイクとサリー、そして新たな作品の制作の裏側、ピクサーのプロデューサーの仕事について伺った。

インタビュー
「モンスターズ・ユニバシティー」プロデューサー コーリー・レイさん
  • 「モンスターズ・ユニバシティー」プロデューサー コーリー・レイさん
7月6日に全国公開をスタート、大ヒット中の『モンスターズ・ユニバシティー』は、2002年の『モンスターズ・インク』のマイクとサリーが活躍する新たな映画だ。ストーリーは『モンスターズ・インク』の始まる前、仲のよい二人が、大学時代にそもそも知合った頃のお話だ。
この頃のサリーは少し態度の大きな自信家で、努力家のマイクはそんなサリーとライバル関係。ところがやがて二人は仲間たちと協力して、怖がらせ大会に挑戦することになる。

この映画の製作指揮を執ったのが、製作プロデューサー コーリー・レイである。『バグズ・ライフ』や『トイ・ストーリー』のアニメーション・マネジャー経て、『モンスターズ・インク』ではアソシエイト・プロデューサーに。『カールじいさんの空飛ぶ家』では、プリプロダクションプロデューサーを務めた。ピクサーでのキャリアは20年に及ぶ。
来日したコーリー・レイに、10年の時を経て、スクリーンに戻ってきたマイクとサリーについて、そして新たな作品の『モンスターズ・ユニバシティー』の魅力と制作の裏側、さらにピクサーのプロデューサーの仕事についてインタビューした。
まずは、映画の製作のきっかけ、そして前作『モンスターズ・インク』とつながりについて伺った。

■ 企画のスタートは5年前

--アニメ!アニメ!(以下AA)
『モンスターズ・インク』は大ヒット作ですからその新作が登場することに、驚きというよりも当然だなという気がします。むしろ、前作から10年以上も経ったのはなぜなのでしょうか?

コーリー
たぶんお判りでしょうが、他の映画が非常に忙しかったということがあります。ところが5年前に、『モンスターズ・インク』の話をした時に、これは是非映画にしたいというアイディアを見つけたんです。それが始まりです。

--AA
その時になぜ続編でなく、前日譚になったのでしょうか?これは今回の映画な大きなポイントだと思います。

コーリー
前作でマイクとサリーが仲のいい友達だというのは、すでに分かっていますよね。ただ、この二人がどこで出会って、どうしてこんなに仲のいい友達になったのか。そこを探りたいという気持ちがありました。それがこの映画になったのです。

--AA
今回、前作と大きな違いとして、人間があまり出て来ません。これは敢えて人間が出るのを避けたのですか?

コーリー
これはとても重要なことでした。前作に出て来たマイクとサリーと、人間の女の子ブーとの関係性を大事にしたかったんです。彼らにとっては、人間は恐怖の対象だったわけです。それを残すためには、あえて人間を描かないほうがよいと判断しました。

《animeanime》
【注目の記事】[PR]
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集