「サカサマのパテマ」 仏・アヌシーでワールドプレミア 吉浦監督に拍手喝采  | アニメ!アニメ!

「サカサマのパテマ」 仏・アヌシーでワールドプレミア 吉浦監督に拍手喝采 

ニュース

11月9日に全国劇場公開される映画『サカサマのパテマ』が、一足早くフランスに登場した。6月10日から15日まで開催された世界最大のアニメーション映画祭であるアヌシー国際アニメーション映画祭にて公式上映された。
6月13日10時からと14日18時からの2回の上映は世界初、まさにワールドプレミアの位置づけだ。世界のアニメーション関係者が集まるなかでのデビューとなる。

これまで誰もみたことがないにもかかわらず、作品は上映前から高い関心を呼んでいた。吉浦康裕監督の前作『イヴの時間』の評判が、すでにフランスまで伝わっているためである。
上映チケットは、2回とも予約開始から数時間で売り切れ。当日はキャンセル待ちの列も出来るほどだった。

劇場の中も、もちろん熱気で包まれた。吉浦康裕監督が舞台に登壇すると、大きな声援が飛び交った。そして上映が始まると、それぞれのシーンでの笑いや驚きなどが全体に伝わった。優れた映像作品ならではの、国境を越えた反応となった。さらに上映終了と同時に大きな拍手が鳴り響いた。
その後、会場を移し監督との交流会となった。ここでは観客からのQ&Aなどが行われた。本編の核となる“サカサマの謎”やパテマとエイジの関係性などについて様々な質問が寄せられた。質疑応答は1時間以上も続き、上映からの熱気を引き継いだ。

早くも世界デビュー果たした『サカサマのパテマ』だが、日本公開を前にフランスとイギリスでの公開がすでに決まった。これ以外にも数か国から上映に関するオファーや問い合わせ届いている。世界デビューのい効果が早速発揮されたようだ。
日本公開はまだ少し先になるが、多くのファンがその日を楽しみにしているに違いない。

[吉浦康裕監督のコメント]
「正真正銘のワールドプレミアを、世界で最も有名なアニメーション映画祭で行えるだけでも大興奮だったのですが、上映中の観客の反応が非常に良く、大いに盛り上がり、僕自身もその客席の中で感動してしまいました。
今作は、非常に普遍的なストーリーラインと、一目で分かるアイデアコンセプトを盛り込んで制作したつもりだったので、日本以外の国で受け入れられたアヌシーでの体験は、自身に対して非常に励みになりました。」

『サカサマのパテマ』
2013年11月9日(土) 全国劇場公開
/http://www.patema.jp

原作・脚本・監督: 吉浦康裕 音楽:大島ミチル
配給: アスミック・エース
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集