米国アイズナー賞 日本作品ノミネートはアジア部門4作品「テルマエ・ロマエ」など | アニメ!アニメ!

米国アイズナー賞 日本作品ノミネートはアジア部門4作品「テルマエ・ロマエ」など

ニュース

米国のコミック業界が毎年選出するウィル・アイズナー賞(Will Eisner Comic Industry Awards)の2013年(対象は2012年)の各部門のノミネート作品が発表された。例年は、日本マンガの翻訳作品もいくつか挙がるが、今年は米国で翻訳出版されたアジア作品を対象とするアジア部門(Best U.S. Edition of International Material Asia)の4作品だけとやや寂しい結果となった。

アジア部門の候補作とされたのは、デジタルマンガから刊行された手塚治虫の『ばるぼら』、VIZ Mediaによる浦沢直樹の『20世紀少年』、Drawn & Quarterlyによる水木しげるの『のんのんばあとオレ』、そしてYen Pressが発売したヤマザキマリの『テルマエ・ロマエ』だ。手塚、浦沢、水木の3人はこれまでにも米国で評価が高く、たびたびノミネートや受賞を重ねてきたが、ヤマザキマリのノミネートは初めてだ。『テルマエ・ロマエ』が米国でも高い評価を受けていることが分かる。
一方、例年日本作品が大半を占めるアジア部門に、今回初めて中国作品がノミネートされたのが注目される。中国人Li Kunwuと中国在住のフランス人P. Otieによる『A Chinese Life』、中国の文化大革命期のアーティストの実話について描いたものだ。
本作は実話部門(Best Reality-Based Work)でも候補に挙がっている。もし、アジア部門を受賞すると日本マンガ以外では初となる。

日本との関連では、ほかにもいくつか気になる候補がある。ベストカバーアーティスト(Best Cover Artist)にニューヨーク在住のイラストレーター清水裕子の名前が挙がっている。Vertigoから発売された『The Unwritten』の仕事が評価された。『The Unwritten』は、ダークファンタジーのビッグタイトル「The Sandman」をテーマにした作品だ。
米国のコミックは作業ごとに特化したプロフェッショナルがおり、それぞれが高く評価されている。カバーイラストもそのひとつだ。近年、米国のコミックで活躍する日本のアーティストが増えているが、清水裕子はその代表と言えるだろう。清水はコミック以外でも、米国イラストレーター協会(Society of Illustrators)のゴールドメダル受賞などで高く評価されている。

また、ベストパブリケーションデザイン賞(Best Publication Design)のノミネート作品『Dal Tokyo』も気にしたい。Dalとはダラスのことで、ダラス在住の若者がいかに日本のポップカルチャーに影響を受けたかを描く。
アイズナー賞は、今後、米国コミック業界の専門家の投票を得たうえで、受章作品を決定する。7月に米国のサンディエゴで開催されるコミコン・インターナショナルの会場で授賞式、発表を行う。

ウィル・アイズナー賞((Will Eisner Comic Industry Awards)
/http://www.comic-con.org/awards/will-eisner-comic-industry-award-nominees-2013
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集