全員で「宇宙戦艦ヤマト」を大合唱 「ヤマト音楽団大式典2012」 | アニメ!アニメ!

全員で「宇宙戦艦ヤマト」を大合唱 「ヤマト音楽団大式典2012」

イベント・レポート

「ヤマト音楽団大式典2012」
  • 「ヤマト音楽団大式典2012」
  • 「ヤマト音楽団大式典2012」
  • 「ヤマト音楽団大式典2012」
  • 「ヤマト音楽団大式典2012」
  • 「ヤマト音楽団大式典2012」
ヤマトの音楽を堪能する大型イベントが、11月10日に千葉・舞浜アンフィシアターにて開催された。シリーズの音楽を披露するコンサート「ヤマト音楽団大式典2012」である。
2012年には、4月から『宇宙戦艦ヤマト2199』の劇場上映イベントがスタートしている。全七章、各2週間の限定のイベント上映に、多くのファンを集め好評を博しているなかで、ファンへの感謝、作品をますます盛り上げようと企画された。

イベントはヤマトならではのスケールの大きなものとなった。劇中音楽を担当した作曲家・宮川彬良さん、『宇宙戦艦ヤマト』の主題歌でお馴染みの ささきいさおさん、第一章エンディングテーマ「星が永遠を照らしてる」の結城アイラさん、第二章エンディングテーマ「美しい地球を知る者よ」の美郷あきさんらが登場した。それを120名編成のオーケストラと共にコンサートを盛り上げた。
さらに2013年1月12日(土)に公開となる第四章の冒頭・第11話「いつか見た世界」の先行上映もあり、ファンには充実の一日になったに違いない。

ヤマトの楽曲は全シリーズを合わせると1000曲に及ぶ。今回はその中から「無限に広がる大宇宙」や「大河ヤマトのテーマ」など厳選のラインナップが演奏された。
三部構成のコンサートは、宮川彬良さんが指揮を振るうオーバーチュアからスタート。宮川さんは『宇宙戦艦ヤマト』の音楽に携わってきた父・宮川泰さんのエピソードを交えながら、親子二代に渡るヤマトサウンドを披露した。
オーケストラの奏でる音色はもちろん、宮川さんのトークも軽快で、会場は拍手と笑い声の絶えない暖かな雰囲気に包まれた。

第二部は『宇宙戦艦ヤマト2199』第11話の上映が行われた。本イベントが最速上映となり、観客は一足先にその映像を堪能した。

第三部はシリーズの主題歌をテーマにアーティスト陣が勢揃い。まずは、ささきいさおさんが「宇宙戦艦ヤマト」を歌いながら登場。ささきさんは主題歌について、40年近く歌っているがいまだに緊張すると話し、曲を手がけた宮川泰さんと阿久悠さんに対する想いを感じさせた。ささきさんは他にも「ヤマト!!新たなる旅立ち」や「真赤なスカーフ」などを熱唱し、会場は大きな盛り上がりを見せた。
続いて結城アイラさんと美郷あきさんが登壇し、それぞれのエンディングテーマを披露した。トークでは結城さんはアナライザー、美郷さんはドメル将軍がお気に入りであることも明かされ、驚きの声が上がった。
最後は観客もオーケストラも全員立ち上がり「宇宙戦艦ヤマト」を合唱して会場は一体となった。二時間半に渡るコンサートは大盛況のうちに終了した。
[高橋克則]

『宇宙戦艦ヤマト2199』
/http://yamato2199.net/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集