松坂慶子が黄金騎士とグリーンカーペットに 東京国際映画祭に「牙狼~蒼哭ノ魔竜~」 | アニメ!アニメ!

松坂慶子が黄金騎士とグリーンカーペットに 東京国際映画祭に「牙狼~蒼哭ノ魔竜~」

イベント・レポート

第25回東京国際映画祭。『牙狼 <GARO> ~蒼哭ノ魔竜~』グリーンカーペットでのスタッフ&キャスト陣
  • 第25回東京国際映画祭。『牙狼 <GARO> ~蒼哭ノ魔竜~』グリーンカーペットでのスタッフ&キャスト陣
  • 劇場版『牙狼 <GARO> ~蒼哭ノ魔竜~』
アジア最大規模の国際映画祭である第25回東京国際映画祭が始まった。10月20日から28日までの9日間、六本木ヒルズをメイン会場に世界各国の作品が紹介される。
この映画祭のオープニングを飾るグリーンカーペットが、10月20日午後、六本木ヒルズとそれをつなぐけやき坂で行われた。国内外の人気俳優や監督、プロデューサーらが姿を見せ、多くのファンがそれを取り囲み声援を送った。

そうしたなか一際目を惹いたのが、劇場版『牙狼 ~蒼哭ノ魔竜~』のスタッフとキャスト陣である。主人公の冴島鋼牙役の主演の小西遼生さんをはじめ、共演の松坂慶子さん、渡辺裕之さん、久保田悠来さん、蒼あんなさん、藤田玲さん、山本匠馬さん、中村織央さん、さらに雨宮慶太監督がグリーンカーペットを歩いた。
小西遼生さんらは映画の中の役と同じ衣装で、さらに黄金騎士ガロや新キャラクターたちも姿を見せた。特撮映画ならではのエンタテイメント満載の雰囲気だ。沿道のファンのサインに応じるなど大人気の様子だった。

本シリーズから一躍知名度をあげ、代表作とした小西さんは、「7年間鋼牙をやってきて、このメンバーとここに立ててうれしい」と感無量の面持ちだった。
回のグリーンカーペットでの登場がサプライズな出演発表になった松坂さんは、本編では女王・ジュダム役を演じる。「アクションやってみたかったの。ワイヤーアクションに挑戦したので見てほしい」と新境地を開拓に意欲を見せた。そして、雨宮監督は「2年前のグリーンカーペットには小西が来られなかったので、今日は全員勢揃いできてよかった」と話した。

『牙狼 ~蒼哭ノ魔竜~』は、映画祭の特別招待作品に選出されている。特撮映画の少ない場だけに、映画祭の多彩さを盛り上げそうだ。
劇場版最新作では、大いなる力「ガジャリ」と契約した鋼牙が、次元の狭間から出現する魔竜の牙“嘆きの牙”を手に入れるため、さまざまな困難が待ち受ける約束の地へと旅立つ。映画は2013年2月に全国公開、新たなストーリーに注目だ。

『牙狼〈GARO〉~蒼哭ノ魔竜~』
2013年2月 新宿バルト9ほか全国ロードショー
/http://garo-project.jp/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集