日本アニメの海外向け配信サイト クランチロール有料会員が10万人突破 | アニメ!アニメ!

日本アニメの海外向け配信サイト クランチロール有料会員が10万人突破

テレビ東京は、日本アニメを海外向けに配信するクランチロール(Crunchyroll Inc)の有料視聴会員数が10万人を突破したと発表した。無料も含めた会員数は700万人である。

ニュース
クランチロールは米国の大型イベントにも参加する
  • クランチロールは米国の大型イベントにも参加する
テレビ東京は、日本アニメを海外向けに配信するクランチロール(Crunchyroll Inc)の有料視聴会員数が10万人を突破したと発表した。
テレビ東京はクランチロールに出資をしており、提携関係にある。テレビ東京で放映される『NARUTO』、『BLEACH』、『銀魂』などの人気アニメの多くが、クランチロールを通じて北米・中南米を中心に世界の広い地域に配信されている。日本アニメの配信サイトとして各国の日本アニメファンによく知られた存在だ。

クランチロールの配信は、無料視聴サービスと月額7ドル程度の有料視聴サービスの2つとなっている。無料サービスでは広告から収入を得て、有料サービスは日本でのテレビ放映直後、クオリティの高い画質、コマーシャルなしの視聴を売りにする。
2011年頃までは、会員数は数万人規模にとどまり、広告収入と課金収入が半分ずつ程度と見られていた。しかし、過去1年で急激に有料視聴会員を増やしたことになる。海外向けの正規の日本アニメ配信のサービスの定着や今年4月から日本アニメファンの多いラテンアメリカ諸国にスペイン語でのサービスを開始したことも貢献してそうだ。

クランチロールは日本アニメに特化した動画配信サイトとしてスタートした。サービス開始当初は違法な動画も多かったが、2009年初めに日本の権利者から許諾を受けた配信に方針を転換した。現在は、日本アニメ以外にアジアドラマも取り扱う。
サービスの強みは吹き替えでなく、字幕での配信をメインとすること、有料では日本の放映直後に配信をスタート、無料でも1週間後にスタートというスピード、またラインナップの多さである。ビジネススタート時は苦戦を強いられたが、有料会員数の増加で今後は収益も安定しそうだ。今後さらに有料会員を増やせるか、また課金配信、広告以外のビジネスを拡張出来るかが注目される。

テレビ東京
/http://www.tv-tokyo.co.jp/
クランチロール(Crunchyroll Inc)
/http://www.crunchyroll.com/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集