広島国際アニメーションフェスティバル受賞作発表 木下蓮三賞に水尻自子さんなど | アニメ!アニメ!

広島国際アニメーションフェスティバル受賞作発表 木下蓮三賞に水尻自子さんなど

ニュース

各受賞者
  • 各受賞者
  • 水尻自子さん
  • 左:山村浩二さん
8月27日、第14回広島国際アニメーションフェスティバルが閉幕した。今回は初めてコンペティションへの応募作品が2000作品を超える激戦から、66作品が本選にノミネートされていた。
閉幕となった27日には、コンペティション部門各賞が発表された。グランプリには、中国のドミトリー・ゲラー監督の『ネコを埋葬するネズミを見た』、ヒロシマ賞はレジーナ・ペソワ監督の『カリ、ザ リトル バンパイヤ』が受賞した。

そうしたなかで木下蓮三賞に、水尻自子さんの『布団』が輝いた。また優秀賞には山村浩二さんの『マイブリッジの糸』が選ばれた。またフランス資本で制作された和田淳さんの『グレートラビット』も優秀賞の1つとなった。 
これまで水尻さんの『布団』はASK?映画祭2012で大賞も受賞している。山村さんの『マイブリッジの糸』は第15回文化庁メディア芸術祭で優秀賞など、和田さんの『グレートラビット』は今年のベルリン国際映画祭で銀熊賞などを受賞している。

山村浩二さんは「学生の時以外は賞を頂いてます。第4回(1992年)以降しばらく賞を頂けてなかったですが(第10回2004年の『頭山』から出品した際に)また賞を頂けて嬉しく思います」と受賞の喜びを語った。

また、水尻自子さんは「改めて審査員と観客の皆様にありがとうと言いたいです。私はこのような賞を頂くのは初めてで、私の新しい大きな一歩になったと思います」とコメントした。
フェスティバル・ディレクターの木下小夜子さんが「木下蓮三って知ってますか?」と水尻さんに訊ねると、水尻さんは「存じております」と返した。木下蓮三さんはアニメーション作家で、生前はアニメーションを通じた国際交流に尽力した。木下小夜子さんの夫でもあった。
木下さんはこの質問したことについて、「過去に取った人達を自分の子供のように思ってます」との意図があると話した。
[真狩祐志]

広島国際アニメーションフェスティバル
/http://hiroanim.org/

第14回広島国際アニメーションフェスティバル 受賞作品

グランプリ
『ネコを埋葬するネズミを見た』 ドミトリー・ゲラー

ヒロシマ賞
『カリ、ザ・リトル・バンパイア』 レジーナ・ペソワ

デビュー賞
『スティッキー・エンズ』 オスマン・セルフォン

木下蓮三賞
『布団』 水尻自子

観客賞
『ヘッド・オーバー・ヒールズ』 ティモシー・レカート

国際審査員特別賞
『チンティ』 ナタリア・ミルゾヤン
『トラム』 ミカエラ・パヴラトヴァ
『サンデイ』 パトリック・ドヨン
『ウルサス』 レイニス・ペーテルソヌス
『ビューティフル・デイ』 ドン・ハーツフェルト

優秀賞
『マイブリッジの糸』 山村浩二
『グレートラビット』 和田淳
『小鳥と木の葉』 レナ・フォン・ドェーレン
『ハウル』 ナタリー・ベッテルハイム/シャロン・ミハエリ
『TWO』 スティーブン・サバトニック
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集