「アシュラ」2012年9月29日公開決定 各国映画祭からオファー相次ぐ大作アニメ | アニメ!アニメ!

「アシュラ」2012年9月29日公開決定 各国映画祭からオファー相次ぐ大作アニメ

ニュース

東映アニメーションは、マンガ家ジョージ秋山さんの代表作『アシュラ』を原作に長編劇場アニメを制作した。本作の2012年9月29日からの国内公開が決定した。
『アシュラ』は、これまでに東映の2012年の配給作品のラインナップには挙がっていたが、その詳細は明らかでなかった。公開日決定と伴に、いよいよ本格的に始動する。

原作となったマンガは、1970 年に週刊少年マガジン(講談社)に連載されていた。人間の生き様を生々しく描いた本作は、有害図書として糾弾されるほど熱い議論を巻き起こした問題作である。そのテーマの重さからアニメ化は難しいとみられてきたが、今回、それを実現した。
監督には2011年に『TIGER&BUNNY』でアニメ界に旋風を巻き起こした さとう けいいちさんを、脚本には高橋郁子さんを起用する。また『ドラゴンボール』の悟空役や『銀河鉄道999』の鉄郎などの当たり役のあるベテラン野沢雅子さん、名優 北大路欣也さんが声優として参加する。さらに林原めぐみさん、玄田哲章さん、平田広明さん、島田敏さん、山像かおりさん、山口勝平さん、水島裕さんらベテラン実力派声優が並ぶ。

映像化にあたっては、これまでにない表現が採用されている。水彩画をCGによって動かす、現代ならの技術を採用、ハイブリッド・アニメーションを実現する。これが『アシュラ』の持つ独特の世界観を表現した。東映アニメーションでは、今まで誰も観たことがないようなアクション時代劇アニメとしている。
また、作品は既に国境を越えて注目されている。世界最大の国際アニメーション映画祭であるフランスのアヌシー国際アニメーションフェスティバルでは、最優秀長編映画賞へのノミネートが決定している。これ以外にも海外の映画祭からノミネートや招待上映のオファーを複数受けている。
時代を超えて蘇る『アシュラ』の物語が、2012年のいま、日本、そして世界でどのように見られるのか目が離せない。

『アシュラ』
2012 年 9 月 29 日(土)より公開

原作: ジョージ秋山「アシュラ」
監督: さとうけいいち
脚本: 高橋郁子
アニメーション制作: 東映アニメーション
配給: 東映

[キャスト]
野沢雅子/北大路欣也
林原めぐみ、玄田哲章、平田広明
島田敏、山像かおり、山口勝平、水島裕 ほか
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

  • アヌシー 長編コンペに日本から2作品「アシュラ」「星を追う子ども」 画像 アヌシー 長編コンペに日本から2作品「アシュラ」「星を追う子ども」
  • 「墓場鬼太郎」 東映アニメーションがアニメ化決定(8/28) 画像 「墓場鬼太郎」 東映アニメーションがアニメ化決定(8/28)
  • 3D立体視版「ハーロック」仏アヌシー映画祭で PV初公開 画像 3D立体視版「ハーロック」仏アヌシー映画祭で PV初公開

特集