「銀河鉄道999」生放送で初実写ドラマ化! メーテル役は栗山千明 | アニメ!アニメ!

「銀河鉄道999」生放送で初実写ドラマ化! メーテル役は栗山千明

ニュース

国民的人気を誇るSF作品『銀河鉄道999』が、初めて実写ドラマ化されることが決定した。主演・メーテル役に栗山千明、鉄郎役に前田旺志郎らを迎え、6月18日(月)20時より「BSスカパー!」にて生放送される。

『銀河鉄道999 Galaxy Live Drama』キービジュアル(c)松本零士・東映アニメーション/スカパー!
キャストには生ドラマ初挑戦となる栗山と前田のほか、クイーン・エメラルダス役に凰稀かなめ、機械伯爵役に染谷俊之、大山トチロー役に橋本じゅん、アンタレス役に宇梶剛士という豪華実力派が集結。劇中では壮大な世界観を表現するためCGが多用されるという。

『銀河鉄道999 Galaxy Live Drama』劇中衣装(c)松本零士・東映アニメーション/スカパー!メーテル役・栗山千明
「メーテルは憧れの存在だったのでお話をいただいて驚きました」という栗山は、今回の出演について「メーテルの深い想い・意志・使命、そして内に秘めている切なさ・葛藤をうまく表現し、メーテルに一歩でも近づけるように演じたいです」とコメント。自身初の生ドラマに向けて「これから稽古を通してアドリブが出せるくらい余裕と自信を持ってお届けできる作品に仕上げていきたいと思います」と意気込んだ。

『銀河鉄道999 Galaxy Live Drama』劇中衣装(c)松本零士・東映アニメーション/スカパー!鉄郎役・前田旺志郎
一方、オファーを受けて「『嬉しいな』と思ったのと同時に、『生半可なことはでけへんな』と思いました」という前田は、「皆の中にそれぞれの鉄郎がいると思うので、その期待を裏切らない、期待にそえるように頑張りたいです」と決意表明。初の生ドラマ挑戦を「ほかのドラマや映画とは撮り方が違うと思うので、生ならではの良さを、映像を通して伝えたいと思います。そして僕なりの鉄郎を出しつつ、原作に沿って演じていけたらいいなと思います」と語った。

さらにドラマの放送終了後には、出演者によるアフタートークを同じく生放送で展開。「舞台『銀河鉄道999』~GALAXY OPERA~」とのコラボレーションとして主演・星野鉄郎役を演じる中川晃教とゲストも登場し、原作者・松本零士へのリスペクトを中心に語り合う予定となっている。

生ドラマ60分、トーク番組30分の計90分で送られる『銀河鉄道999』生放送を存分に楽しみたい。

銀河鉄道999 40周年記念生ドラマ『銀河鉄道999 Galaxy Live Drama』
放送日時:6月18日(月)20時~21時30分 ※生放送
チャンネル:BSスカパー!(BS241/プレミアムサービス579)
原作:松本零士「銀河鉄道 999」
ドラマ出演:栗山千明(メーテル役)、前田旺志郎(星野鉄郎役)、凰稀かなめ(クイーン・エメラルダス役)、染谷俊之(機械伯爵役)、橋本じゅん(大山トチロー役)、宇梶剛士(アンタレス役)ほか
アフタートーク出演:中川晃教(MC)ほか ※シークレットゲストあり


(c)松本零士・東映アニメーション/スカパー! (c)松本零士・東映アニメーション
《仲瀬 コウタロウ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集