東映ラインナップ発表 アニメ「アシュラ」にプリキュア、ワンピに新作 | アニメ!アニメ!

東映ラインナップ発表 アニメ「アシュラ」にプリキュア、ワンピに新作

大手映画会社の東映は、1月30日に本年劇場配給する作品ラインナップを発表した。人間ドラマからアニメ・特撮まで合計18作品が挙げられた。

ニュース
 大手映画会社の東映は、1月30日に本年劇場配給する作品ラインナップを発表した。人間ドラマからアニメ・特撮まで合計18作品が挙げられた。
 2012年2月11日公開の『はやぶさ 遥かなる帰還』(瀧本智行監督)、11月3日公開で吉永さゆりさんが主演する『北のカナリアたち』(阪本順治監督)などが大型期待作となる。本年は東映の創立60周年にあたるだけに、興行的にも大きな成功を収めたいところだろう。

 こうした会社の期待の一翼を担うのが、アニメや特撮になりそうだ。18作品のうちアニメが5本、特撮が2本含まれている。アニメ、特撮とも、近年、堅調なことから、興行全体の押し上げに一役買いそうだ。
 2012年のアニメは、3月17日に公開される『映画プリキュアオールスターズ NewStage みらいのともだち』、10月公開の『映画 スマイルプリキュア!(仮題)』の2本プリキュアシリーズに加えて、12月公開
『ワンピース フィルム (仮題)』、そして『虹色ほたる ~永遠の夏休み~』(5月19日公開)、秋公開の『アシュラ』である。

 注目」されるのは、テレビアニメ発ではない、劇場のためのオリジナル企画の2本、『虹色ほたる ~永遠の夏休み~』と『アシュラ』である。『虹色ほたる ~永遠の夏休み~』は、ネット発のファンタジー小説のアニメ化、『アシュラ』は1970年の発表当時に問題作として話題を呼んだジョージ秋山さんのマンガが原作である。『アシュラ』の監督は2011年に『TIGER&BUNNY』を大ヒットさせた さとうけいいちさん、声には野沢雅子さん、北大路欣也さんを起用する。
 劇場オリジナル企画のビジネスが難しいとされるなかで大きな挑戦となる。東映は2011年にも、『手塚治虫のブッダ-赤い砂漠よ!美しく-』を配給しており、東映グループのかつてのお家芸であったオリジナル長編アニメに力を入れているようだ。

 もうひとつの話題は、12月公開の『ワンピース フィルム (仮題)』である。1時間を超えるシリーズの長編劇場アニメは、2009年12月公開の『ONE PIECE FILM Strong World』以来、『Strong World』が空前のヒットになっただけに、本作へのビジネスの期待は大きい。
 3年の月日を要したという大作だけに、ファンにとっても待ちわびたものだ。監督の長峯達也さんは、『ハートキャッチプリキュア!』、『冒険王ビィト』などの代表作がある。そして相次ぐアニメ映画の公開は、東映作品に携わることの多いグループ会社東映アニメーションの映像制作状況にもポジティブな影響を与えることになりそうだ。

東映 /http://www.toei.co.jp/

東映系 2012年公開 アニメ映画

■ 『映画プリキュアオールスターズ NewStage みらいのともだち』
2012年3月17日(土)公開
監督: 志水淳児  脚本: 成田良美

■ 『虹色ほたる ~永遠の夏休み~』
2012年月19日(土)公開
原作: 川口雅幸(アルファポリス刊)

■ 『アシュラ』
2012年秋公開
声の出演: 野沢雅子・北大路欣也
原作: ジョージ秋山
監督: さとうけいいち  脚本: 高橋郁子

■ 『映画 スマイルプリキュア! (仮題)』
2012年10月公開

■ 『ワンピース フィルム (仮題)』
2012年12月公開
原作: 尾田栄一郎(集英社 週刊「少年ジャンプ」連載)
監督: 長峯達也
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集