シッチェス映画祭「スカイ・クロラ」に批評家賞 川井憲次氏に音楽賞 | アニメ!アニメ!

シッチェス映画祭「スカイ・クロラ」に批評家賞 川井憲次氏に音楽賞

 10月2日から12日までスペインで開催されているシッチェス国際映画祭は、11日に映画祭の各賞を発表した。  このうち本部門にアニメ作品で唯一出品されていた押井守監督の『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』が、批評家賞(CRITIC AWARDS)を受賞した。また音楽賞(B

ニュース
 10月2日から12日までスペインで開催されているシッチェス国際映画祭は、11日に映画祭の各賞を発表した。
 このうち本部門にアニメ作品で唯一出品されていた押井守監督の『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』が、批評家賞(CRITIC AWARDS)を受賞した。また音楽賞(Best Original Soundtrack)には、『スカイ・クロラ』の川井憲次さんが選ばれた。

 シッチェスは世界最大のジャンル映画(SF、ファンタジー、ホラーなど)の国際映画祭と知られている。これまでも日本作品の受賞は少なくない。昨年は三池崇史監督の『スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ』が撮影賞、美術賞、大友克洋監督の『蟲師』が特殊効果賞、音楽賞を受賞している。
 しかし、日本のアニメ作品がアニメーション部門以外で受賞するのは、2004年の『ハウルの動く城』以来となる。

 また今年のシッチェスでは、このほか日本作品からはニュービジョン部門で三池崇史さんの『神様のパズル』が審査員特別賞を受賞した。しかし、『ヱヴァンゲリヲン 新劇場版:序』、『FREEDOM』、『Genius Party』がノミネートされたアニメーション部門(ANIMA'T)は、いずれも受賞にならなかった。
 長編アニメーション賞は悪夢をテーマにした米国のJohn Bergin監督の『From Inside 』、短編アニメーション賞はカナダのRodrigo Gudiño氏とVincent Marcone氏による『The facts in the case of Mr. Hollow』が選ばれた。この部門の審査員特別賞は発表されなかった。

シッチェス・カタロニア国際映画 /http://www.cinemasitges.com/uk/

当サイトの関連記事
/「スカイ・クロラ」、「クローズ ZERO」シッチェス国際映画祭に公式出品
/シッチェス アニメ部門に「ヱヴァ」、「FREEDOM」、「Genius Party」
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集