「映画 えんとつ町のプペル」アヌシー国際アニメーション映画祭2021「L'officielle」に選出! 西野亮廣、快挙にコメント | アニメ!アニメ!

「映画 えんとつ町のプペル」アヌシー国際アニメーション映画祭2021「L'officielle」に選出! 西野亮廣、快挙にコメント

「第44回日本アカデミー賞」で優秀アニメーション作品賞を受賞した『映画 えんとつ町のプペル』が、新たに、世界最大規模のアニメーション映画祭「アヌシー国際アニメーション映画祭2021」の長編映画コンペティション部門「L'officielle」に選出された。

ニュース
注目記事
『映画 えんとつ町のプペル』(C)西野亮廣/「映画えんとつ町のプペル」製作委員会
  • 『映画 えんとつ町のプペル』(C)西野亮廣/「映画えんとつ町のプペル」製作委員会
  • アヌシー国際アニメーション映画祭2021
「第44回日本アカデミー賞」で優秀アニメーション作品賞を受賞した『映画 えんとつ町のプペル』が、新たに、世界最大規模のアニメーション映画祭「アヌシー国際アニメーション映画祭2021」の長編映画コンペティション部門「L'officielle」に選出。2021年5月20日に同映画祭より発表された。

『映画 えんとつ町のプペル』は、西野亮廣が製作総指揮・原作・脚本、廣田裕介が監督を務め、2020年12月に公開。興行収入24億円超のヒットを記録している。

アヌシー国際アニメーション映画祭2021
「アヌシー国際アニメーション映画祭」は、1960年に「カンヌ国際映画祭」からアニメーション部門が独立し、設立されたアニメーションの国際映画祭。アニメーション映画祭としては世界最大規模を誇り、毎年国内外の約200作品が上映される。

今年も、95か国から2,892作品の応募があり、そのうち219作品がオフィシャルセレクションに演出。その中でも、長編映画コンペティション部門「L'officielle」は映画祭の花形ともいえる部門で、世界中のアニメーション映画から選ばれたのは、わずか11本。
新人監督による、世界的には無名ともいえる本作品が「L'officielle」に選出されたのはまさに快挙だ。

「アヌシー国際アニメーション映画祭2021」は、6月14日~19日に開催予定。

<以下、コメント全文掲載>


製作総指揮・原作・脚本:西野亮廣


朝から晩まで黒い煙に覆われている「えんとつ町」で、それでも星を探している挑戦者達の物語が、このタイミングで世界から選ばれました。
きっと、この作品は「役目」を与えられたのだと思います。
これからもエンターテイメントを通じて、明るい話題と希望とエールを届けていきたいと思います。

監督:廣田裕介


アヌシー国際アニメーション映画祭は、アニメーションに携わる者にとってはまさに憧れの場であります。
そのような大変な歴史ある大きな映画祭で、この作品を選出いただき、とても光栄に思います。
スタッフ、キャストの皆様、応援してくださっている皆様にも、この場を借りてあらためて感謝いたします。
先の見えないこのようなときだからこそ、世界中の方に見ていただき、感じて、楽しんでいただけることが重要だと思います。
現地に足を運べないのは残念ではありますが、これからのアニメーションの発展とともに、映画祭の成功をお祈りしています。

映画 えんとつ町のプペル概要
■タイトル:「映画 えんとつ町のプペル」
■声のキャスト:窪田正孝、 芦田愛菜、 立川志の輔、 小池栄子、 藤森慎吾、 野間口徹、 伊藤沙莉、 宮根誠司、 大平祥生(JO1)、 飯尾和樹(ずん)、 山内圭哉/ 國村隼
■製作総指揮・原作・脚本:西野亮廣 ■監督:廣田裕介 ■アニメーション制作:STUDIO4°C
■製作:吉本興業株式会社 ■配給:東宝=吉本興業

[アニメ!アニメ!ビズ/animeanime.bizより転載記事]
(C)西野亮廣/「映画えんとつ町のプペル」製作委員会
《CHiRO★》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集