2019年の“最高峰のBL”はどれだ!? 年に一度のBL総選挙「BLアワード2020」投票期間スタート | アニメ!アニメ!

2019年の“最高峰のBL”はどれだ!? 年に一度のBL総選挙「BLアワード2020」投票期間スタート

BL情報サイト「ちるちる」による年に一度のBL総選挙「BLアワード2020」が、2020年1月24日より投票受付を開始した。 4月3日に結果発表を予定しており、同時に全国のアニメイトほか「BLアワード2020」キャンペーンもスタート。同日に授賞式が都内で実施される。

ニュース
「BLアワード2020」
  • 「BLアワード2020」
  • 「BLアワード2020」
  • 「BLアワード2020」
  • 映画『窮鼠はチーズの夢を見る』(行定勲監督)原作コミックスは2009年「第一回BLアワード」で大賞に輝いた作品
BL情報サイト「ちるちる」による年に一度のBL総選挙「BLアワード2020」が、2020年1月24日より投票受付を開始した。
4月3日に結果発表を予定しており、同時に全国のアニメイト、コミコミスタジオ、大手電子ストアにて「BLアワード2020」キャンペーンもスタート。同日に授賞式が都内で実施される。

「BLアワード2020」
『窮鼠はチーズの夢を見る』、『囀る鳥は羽ばたかない』、『ギヴン』、『さんかく窓の外側は夜』など、2019年から2020年はアニメ化、映画化、TVドラマ化が相次ぐBLブームとなっている。
2018年の『おっさんずラブ』の大ヒットにより、グローゼットにしまわれ続けていたボーイズラブ需要が顕在化したことが大きな要因とみられ、ここ最近は“LOVEに満たないボーイズラブ”である「ゆるかわ系BL」が猛威を振るっているという状況だ。

その最中に開催される「BLアワード2020」には、マンガと小説をあわせて2000タイトル以上が発売された2019年のBLから、約300タイトルがジャンル別にノミネート。
一般のBL愛好者、および「ちるちる」による選抜試験を突破したBLのスペシャリスト「BLソムリエ」による投票とレビュー投稿で、2019年の最高峰のBLを決定する。

「BLアワード2020」
なお4月3日の結果発表と同時に、全国のアニメイト、コミコミスタジオ、大手電子ストアでは「BLアワード2020」キャンペーンがスタート。
対象作品の2タイトル同時購入者には、人気作家陣による描き下ろしイラストやマンガを収録し、『絶対BLになる世界VS絶対BLになりたくない男』の紺吉が表紙イラストを手掛ける豪華小冊子がプレゼントされる。

「BLアワード2020」の投票期間は1月24日から2月2日まで。詳細は「ちるちる」のノミネートページまで。

[アニメ!アニメ!ビズ/animeanime.bizより転載記事]
《仲瀬 コウタロウ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集